So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

NHK杯 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpjpn2017/data0205.pdf

メドベデワが最初のジャンプで転倒するという珍しいものを見た(^^;) 2つ目のジャンプも乱れたが、これでグダグダに崩れないのがすごい。いつもより勢いがないというか、ジャンプの着氷に余裕が感じられないことが多かったが、しっかりまとめ上げてきた。大きなミスが2つあっても144点出せるのが本当に驚異だ。
コストナーも同じ。ジャンプ構成は低いが、基本に忠実に流れるようにエレメンツを繋いでGOEを稼ぐ。転倒やODAがあっても137点。演技構成点はメドベデワより高かった。
ツルスカヤは女子の出場者の中で一番良い演技をした。オールレベル4でジャンプも全て加点付き。高くて幅のあるディレイドジャンプは見応え十分だった。
女子の表彰台は、SPと変わらず。これによってメドベデワとコストナーのファイナル進出が決定した。

日本勢は17年ぶりに表彰台に乗れなかった。
最上位は宮原の5位。SPから順位を上げたが、やはりまだ完全復活とは行かなかった。抜けの他にアンダーローテーションを取られたのもあった。元々高くないジャンプがさらに低くなってしまったように感じる。回転が認められたものも結構危ない感じのものがあった。
本郷もアンダーローテーションやダウングレードで点が伸び悩み、順位を7位まで下げてしまった。
白岩もミスが出て順位を上げられず8位のままおわった。

nice!(0)  コメント(0) 

NHK杯 男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpjpn2017/data0105.pdf


ヴォロノフの気迫がすごかった。
『絶対に勝つ』
そんな気持ちが前面に出ていた。4回転トウループ2回を含む全てのジャンプを降りて、パーソナルベストを更新して、グランプリシリーズ初優勝をつかみ取った。30歳での優勝はもちろん最年長。
ブラウンはヴォロノフと逆の戦術で初優勝を狙った。4回転を外して完成度勝負をしたが、トリプルアクセルを2度とも転倒してしまった。ここで大きく点数を落としてしまうと、他の構成が弱い分誰よりも高い演技構成点でもカバーしきれない。とはいえ、表彰台圏外まで落ちて行ってしまったのはビックリした。
フリーで順位を上げたのはリッポン。4回転ルッツこそアンダーローテーションになったがそれ以外は完璧だった。誕生日に自分自身で最高のプレゼントを送った形になった。
3位はビチェンコ。大きなミスなくまとめきった。
結果、ヴォロノフ30歳、リッポン28歳、ビチェンコ29歳とベテラン勢が表彰台を占めることになった。おそらくグランプリシリーズの歴史の中でも最も平均年齢が高い表彰台だったのではなかろうか。
ベテラン勢が奮起した大会にあって日本勢の若者2人は、残念ながらクリーンにフリーを滑ることが出来なかった。SPの分があったためにトータルスコアのパーソナルベストは出せたが、友野7位、佐藤11位とSPから順位を下げることになった。ただ良い経験にはなったと思う。
nice!(1)  コメント(0) 

NHK杯 女子SP [フィギュアスケート]

メドベデワ強し。
ダブルアクセルでほんのちょっと着氷が乱れた所為で79.99。『あと0.01位出して』と言いたくなる点数だ(^^;)
2位にコストナー。難度の低さを演技構成点でカバーで安定の70点半ば。
3位がグランプリシリーズデビューのツルスカヤでここまでが70点台だった。
4位には本郷がつけた。ルッツでアンダーローテーションとアテンションがついた。これがクリーンになれば70点を超えることが出来るのに。
怪我から復帰の宮原は、本郷と僅差だが6位スタートとなった。こちらもルッツがアンダーローテーションになっている。さらにコンビネーションジャンプのセカンドがダブルになってしまったのが痛かった。さすがに11ヶ月ぶりの試合では、『安定・安心の宮原さん』とは行かなかった。
グランプリシリーズデビューの白岩は、ジャンプのミスが重なって8位と出遅れてしまった。ただ、白岩はフリーが得意なので、巻き返しは十分に考えられる。
長洲未来はSPからトリプルアクセルに挑んできた。両足着氷となってGOEがマイナスになったために成功とはならなかったが、回転は認められた。ただ、それ以外のジャンプがアンダーローテーションになってしまって、点数が伸びないのは本当にもったいない。
nice!(1)  コメント(0) 

NHK杯 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpjpn2017/data0103.pdf


今大会の一番の目玉である羽生が昨日の練習での転倒で負傷し、欠場することになった。
このニュースが飛び込んできたのはBSでの事前番組が始まる直前のことだった。本当にギリギリまで出場する事を検討していたことと思う。
棄権すれば自動的にファイナルの出場もなくなる。しかし今シーズンの一番大事な試合はNHK杯でもなければ、ファイナルでもない。無理をしなくて良い、というよりしてはいけない試合だ。今回の決断は正しいと思う。

とはいえ、やはりいる人がいない試合は寂しい。
去年の全日本もそうだったが、いないことでより存在感が増している様な・・・。
そんな中で先陣を切った日本男子2人は見事だった。
第1滑走佐藤、第2滑走友野と全てのジャンプを決めて、グランプリシリーズデビュー戦にして大幅にパーソナルベストを更新した。特に友野は村上大介の欠場によって急遽出場することになったのだが、本当によくやった。
首位に立ったのはヴォロノフ、2位がビチェンコと出場選手中最年長と2番手が並ぶとは予想外(^^;)
どちらも良い演技だったことは間違いない。ビチェンコはもうちょっと点が出ても良かったような気さえする。
ヴォロノフが90点台で6位の友野が70点台と書くと差があるように見える。しかし実際は、何とか90点台に乗せたのと、わずかに80点に届かなかった、なので実際は10点ぐらいしか離れていない。フリーで大きく順位が変動することは十分に考えられる。友野も10位スタートとなった佐藤にも表彰台の可能性はある。

nice!(0)  コメント(0) 

中国杯 男女フリー [フィギュアスケート]

女子フリープロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpchn2017/gpchn2017_Ladies_FS_Scores.pdf
男子フリープロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpchn2017/gpchn2017_Men_FS_Scores.pdf


4点差に7人がひしめき合っていた女子はすごいとしか言いようのない戦いになった。
一番大きなミスはデールマンのお手つき。抜けたのは本田の1回だけというノーミス合戦となった。
そんな戦いを制したのはザギトワ。トリプルアクセル抜きでは最強構成をアンダーローテーション1つにまとめきった。
ザギトワに逆転されてしまったが、樋口の演技はすごかった。おそらく彼女の代表作となるだろうプログラムは圧巻だった。日本勢3人の中では一番強い気持ちで臨んでいたように思う。2位となってファイナルの可能性を大きくした。
三原は技術点ではザギトワに次いでいたが、演技構成点がちょっと伸びなかった。前半グループだったことが影響したかも知れない。追い上げたが4位。3位のラジオノワとの差は1点無かった。ファイナルのことを考えるとこの差は大きなものになってしまった。次戦で最低でも2位、出来れば優勝したいところだが、ザギトワ、オズモンド、ソツコワが一緒なので厳しい。
本田は抜けたジャンプを最後にリカバリーできたのが良かった。こちらも追い上げて5位。2戦終了で今回のスコアが代表選考用のシーズンベストとなる。
それにしても200点を超えて表彰台に届かないとは、グランプリシリーズとは思えないハイレベルな試合だった。

女子が神大会になるとえてして男子はグダりがちになるものだが、ここまで酷くならなくても良いだろうと言いたくなるほどだった。
抜ける、転ける、ODAるのオンパレード。
中でも衝撃的だったのがフェルナンデスだった。冒頭から抜けるととにかく抜けまくり。予定通り跳んで加点が付いたのは2つだけという大遭難だった。当然点数は伸びない。表彰台を逃すだけに留まらず6位という2戦目に優勝してもファイナルにいけない所まで下がってしまった。パトリック・チャンがNHK杯を欠場することになってこちらもファイナルには出られない。世界選手権の6強のうち1/3がファイナルにいなくなる事態になるとは思っていなかった。
逆に優勝でファイナル一番乗りを決めたのはコリヤダ。とはいえミスが多かった。上位陣がコリヤダ以上にミスしたこととSPの貯金で逃げ切った。
2位はボーヤン・ジン。こちらのフリーは5位ながらSPの貯金が活きた。
上位陣総崩れの中にあって、ただ一人複数の4回転入りのプログラムを大きなミス無く滑ったマックス・アーロンがフリー1位で表彰台を掴んだ。
田中刑事のこの悪い流れに乗ってしまい、ミスを連発して、順位を7位まで下げてしまった。SPは良かったものの代表選考に向けたアピールとしては不発ということになってしまった。
nice!(0)  コメント(0) 

中国杯 男女SP [フィギュアスケート]

女子SPプロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpchn2017/gpchn2017_Ladies_SP_Scores.pdf
男子SPプロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpchn2017/gpchn2017_Men_SP_Scores.pdf


テレ朝は先週のスケカナを『女子の最激戦区』と煽っていたが、この中国杯こそが『死の組』だと思う。
スケ連は何考えているのか、と言われて然る三原、樋口、本田のトリプルブッキングに加えて実績十分のデールマン、トゥクタミシェワ、ラジオノワ、それに基礎点お化けのザギトワととんでもない面子だ。
そしてこの7人が団子状態に・・・(^^;)
ミスともいえない小さなミスが点数を下げ、順位を下げる。
これで一番割を食ったのは三原だった。アンダーローテーションを取られて点が伸びなかった。得点は本田と同じだったが、SPは技術点の高い方が上と決まっているため、7位となった。フリーが前半グループになってしまったのは、ちょっと痛い。
後半グループに滑り込めた本田は1週間でよく立て直したと思う。ジャンプの難度を落としたとはいえ、そんなにしっかり練習する時間は少なかっただろうに。
樋口はスピン、ステップの取りこぼしがもったいなかった。ただ、今季2度目の70点超えはお見事。
デールマン、樋口、ラジオノワのトップ3人は0.2弱の差の中にひしめいている。7位の三原もトップとは4点ほどしか離れていない。誰が勝ってもおかしくないしびれる戦いをゴールデンで放送しないのはもったいない。・・・日本シリーズに押し出されるのは仕方ないけど(^^;)

男子は何と言ってもコリヤダ。
4回転ルッツを軽々と決めてノーミスの演技をし、史上6人目の100点超えを果たした。正直、ボーヤンより先に100点クラブに入会する人が出るとは思っていなかった(^^;)
優勝候補筆頭と目されていたフェルナンデスはコンビネーションジャンプが両方とも抜けたのに加えて、トリプルアクセルも出来が今ひとつ。演技構成点の高さで90点に乗せ3位に留まったが、全体的にジャンプの軸がぶれているのが気になる。
ボーヤンもお手つきがあって点が伸びなかった。
そんな中、ロシア杯を棄権した田中がパーソナルベストを大きく更新しての4位スタートは素晴らしい。4回転を1本減らした構成にしたのは正解だった。この調子をフリーでも維持できれば、五輪代表も近くなる。


nice!(0)  コメント(0) 

スケートカナダ 男女フリー [フィギュアスケート]


女子フリープロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Ladies_FS_Scores.pdf
男子フリープロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Men_FS_Scores.pdf

本田は昨日のあの状態からよく立て直した。アンダーローテーションをとられたジャンプもあったが、まとめてきた。フリーでは3位の点数を出して追い上げたが、5位となった。これでファイナルの可能性はほぼ消えてしまった。
本郷はまたアンダーローテーションとられまくった。全部で5つ。ルッツにアテンションもついて、またも見た目クリーンなのに点数が出ないということに。6位キープでこちらもファイナルの可能性は消えた。
アシュリー・ワグナーが追い上げを見せて、3位に食い込んだ反面、最終滑走のポゴリラヤの大自爆は見ていて辛かった。スピンの入りで酷い転倒をした時にはそのまま演技を止めてしまうのではないかとさえ思った。この人は崩れ出すと止まらないのがもったいない。
オズモンドが抜けもコケもあったが、フリーも1位で優勝。
正直、ここまで順位が変動するとは思わなかった。ただ、この良くない流れは男子にも派生してしまった感がある。

無良は最初のトリプルアクセルは綺麗に決まったが、そこから抜けに抜けまくった。トリプルになっても着氷が乱れてコンビネーションに出来ずにREPで基礎点ダウン。終いにはODAった。最後にルッツの軌道に入った時に、録画中継にもかかわらずに「それ跳んじゃ駄目」と叫んでしまった orz。
スピン、ステップも今ひとつで技術点40点。SPの38と大差ない orz。
パトリック・チャンも抜けが多かった。冒頭の4回転トウループで転倒したのが響いたのかも。ただ、雄大な滑りは見ていてとても気持ちよい。
出来が悪くても3位以内になるかと思ったらまさかの4位。2戦目で優勝すればファイナルいけるけどNHK杯だし・・・。
ブラウンは今回も4回転トウループを決められなかったけど、終わる頃にはそんなことを忘れてしまった(^^;)
パトリック・チャンとブラウンのフリーは是非ともノーミスが見てみたい。
優勝はSP同様1位で、だったけど・・・。
順位はその通りだと思うが、点数は気前よすぎるだろう。
4回転フリップはアンダーローテーションじゃないのかとか、トウループはアンダーローテーションとったけど転倒扱いにならないのかとか・・・。それ以外にも色々と『はてな』がつく。
多少の地元優遇とか自国贔屓は致し方ない所もあるが、これはそうじゃないだろう。
厳しいなら厳しい、甘いなら甘い。全ての選手を同じ基準で判定して欲しい。他の選手が気の毒だ。


nice!(0)  コメント(0) 

スケートカナダ 男女SP [フィギュアスケート]

女子SPプロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Ladies_SP_Scores.pdf
男子SPプロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Men_SP_Scores.pdf


ずっと『シニアのグランプリシリーズデビュー』と煽られ続けていたが、やはり過度な煽りがプレッシャーになったのだろうか。本田真凜はコンビネーションジャンプで転倒、アクセルがノーカンと大きなミスが出てしまった。それ以外にもスピン、ステップでレベルが取れていない。10位と中々に辛いグランプリデビューとなってしまった。順位も低いが3位と14点近い差があるのが痛い。割り切ってフリーで巻き返し、がどこまで出来るか。
本郷は見た目クリーンだったが、コンビネーションジャンプがアンダーローテーションで点が伸びなかった。6位スタートとなった。
ポゴリラヤとソツコワの2人ももうちょっと点数が出るかな、と思ったが、70点に届かなかった。
その分、最終滑走の地元オズモンドにどかんといった感じだ。クリーンな演技でパーソナルベストを更新し、ただ1人70点に乗せた。
レベル判定も回転不足も厳しめで、スケートカナダの通常営業といった感じだった。

続いて男子。
無良は4回転がアンダーローテーションで74点しか出せなかった。
サマリンも4回転ルッツとトウループを着氷させたが、80点台に留まった。
潮目が変わったのは、ブラウンの所から。
相変わらず繋ぎたっぷりで見ていて楽しい。4回転なしで90点に乗せられるのはさすがだ。
パトリック・チャンは苦手なトリプルアクセルで乱れたのがもったいない。コンビネーションジャンプも彼にしては綺麗ではなかった。4回転1本で94点。
宇野はコンビネーションジャンプのセカンドがダブルになっただけでただ一人ノーミスで滑った。
着氷もいつもに比べて癖が少なかった。が、わずかとはいえ演技構成点がチャンを上回ったのはちょっと疑問。

nice!(0)  コメント(0) 

ロシア杯男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gprus2017/gprus2017_Men_FS_Scores.pdf


羽生とネイサン、凄い勝負だった。
二人ともノーミスの演技ではなかった。ただ、抜けたりODAったりはあったが、転倒がなかったから演技がまとまっていた。
フリーでは羽生が1位となったが、SPの点差を追いつくことが出来ず2位となった。グランプリシリーズの初戦に勝てないのはいつものこと(^^;)
ただ初投入の4回転ルッツを加点付きで決めた。これは大きな収穫だと思う。同じ4回転5本構成でも、3種と4種では、単独ジャンプの繰り返しによる基礎点の減点の可能性が低くなる。何より得意のトリプルアクセルを2本入れることが出来る。今後この構成の精度を上げていったら一体何点が出るのか凄く楽しみだ。
今回の4回転ルッツの成功によって『羽生より多い4種の4回転』とか『羽生の跳べない高難度のフリップ』といった不愉快な煽りもなくなるだろう(別の煽りを作る可能性はあるけど^^;)

ネイサンは4回転ループを回避して4本の4回転を跳んだ。羽生は2本抜けたので結果的に3本だったが、得点は羽生の方が上回った。
さらに現在の最強構成のジャンプを全部着氷させたSPも世界最高得点である羽生のパーソナルベストより10点以上低かった。
つまり羽生に勝つためには、羽生のミスが必要であることを改めて知らしめた試合でもあったと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

ロシア杯男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gprus2017/gprus2017_Men_SP_Scores.pdf


羽生は4回転ループでアンダーローテーション、コンビネーションジャンプで転倒とミスが出て点が伸ばせなかった。といっても、ほぼ95点は悪くない。というか、ここ数年のグランプリシリーズの初戦のSPに比べたら、かなり良い点数だ(^^;)
アンダーローテーションをとられたとはいえ、やはり抜けなかったのは大きい。
二つのジャンプでゴッソリ点数を失っているけど、その他の要素の加点が凄い。これも羽生の強みだ。

この羽生を抑えてトップに立ったのはネイサン・チェン。
4回転ルッツと4回転フリップを入れたプログラムを転倒なしでまとめた。
その結果、100点超えを果たした。・・・もうちょっと点数が出るかと思ったが、ぎりぎり100点だった。演技構成点が思ったほど伸びなかった。
4回転を降りたからと行って演技構成点を大盤振る舞いしなかったのは良い傾向だと思う。この大会だけではなく、全ての大会で全ての選手に適用してほしいものだ。

ネイサンと羽生の差は6点ほど。
今の男子にとってはないに等しい差だ。
例年通り、猛烈に追い上げる羽生を見せてもらいたい。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -