So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

オータムクラシック男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → https://skatecanada.ca/results/2017-ACI/CSCAN2017_SeniorMen_FS_Scores.pdf

マモノさんが気合いを入れて大暴れした。
陰陽師はそれを祓うどころかガッツリ捕まって大遭難(^^;)
冒頭のルッツが抜けたところから始まって、抜けは多いし、得意のトリプルアクセルで転倒する始末だった。
多分、右膝の影響で練習が思うように出来なかった所為もあるのだろう。
SPの技術点とさほど差が無いというのも遭難ぶりが分かる。
結局、ミスの度合いが小さかったフェルナンデスに逆転されて2位となった。
昨日との落差が激しすぎるが、結果的には『いつもの』こと。例年通りのシーズンインとなった。

村上も中々ジャンプを決められずにSPから順位を落としてしまった。
今回は男子も女子もテクニカルが厳しめだった。
大自爆大会だったとはいえ、男子フリーでステップでレベル4をとった選手はゼロ。スピンを3つともレベル4取れたのは羽生ただ一人だった。踏切判定も厳しかった。
シーズン序盤に厳しいのは、今後のブラッシュアップの役に立つ・・・と思いたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

オータムクラシック男子SP [フィギュアスケート]

プロトコルhttps://skatecanada.ca/results/2017-ACI/CSCAN2017_SeniorMen_SP_Scores.pdf


『この選択は間違いではなかった』
それを証明して見せた。
今季初戦で早くも羽生結弦が羽生結弦を超えた。
世界最高得点の更新。
しかも右膝に違和感があって4回転ループを回避し、本来の構成を落とした状態でなのだから恐れ入る。
SPで110点以上を出したのは羽生だだ一人。全て『点数の低い』トウループとサルコウで出したものだ。
『点数が高い』とマスコミが煽るフリップやルッツ、そしてその両方を入れても110どころか105を超えた選手はいない。
トウループもサルコウもGOEで満点を取れば、ルッツの基礎点を超える。ジャンプ単体の点数は似たようなものでも、綺麗に跳んだトウループとやっと降りたルッツの差は演技構成点に現れる。
高得点のジャンプを跳べば良いわけではない。高難度技術と高い芸術性は両立できる。羽生結弦は改めてそれを知らしめた。


羽生のインパクトでものすごく影が薄くなってしまったが、村上大介がほぼ1年ぶりに競技に復帰した。
が、こちらはちょっと残念な結果になってしまった。4回転サルコウがアンダーローテーションで転倒の始めとしてジャンプのミスが出て、70点で7位と点数も順位も振るわなかった。
靴に問題があるようだが、フリーでの挽回が出来ると良いのだが・・・。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

取りあえず決着 [サッカー]

Jリーグ秋春制断念へ、加盟51クラブの8割反対

毎年のように取り沙汰されていたJリーグの秋春制移行について、『しない』ことを決めたようだ。
それはそうだろう。欧州に合わせるという意味ではメリットがあるのかも知れないが、毎年ホーム開幕戦のためにスタッフとサポーターが総出で練習場やスタジアムの雪かきをするチームが複数ある状態では秋春制は無理だと思う。そういう場所に行って試合をしなくてはいけないアウェイチームにとっても、負担が大きい。
いくらウィンターブレイクを導入するとしても、その仕方によっては今より日程がタイトになる可能性があり、それは本末転倒だろう。
ただ、この断念は『今のところ』という注釈付き(^^;) 10年程度は議論を凍結するだけらしい。この10年というのは、DAZNの独占放送権の期間と同じなのは偶然だろうか。もしかして、加盟クラブだけではなく、DAZNの意向も入っているのかも?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー男子 VSブラジル戦 [バレーボール]

世界ランク1位、リオオリンピック金のブラジル相手にストレート負け。
予想通りの結果だった。
第3セットこそそこそこ競り合ったが、力の差は歴然だった。
高いブロック、早い攻撃、広い守備。全くもってつけいる隙が無い。ただでさえ差があるところに、日本はサーブミスが多かった。まずここから改善しないことには、勝てるチームにはなれないと思う。
日本は大会を全敗で終えた。しかも全てのチームに勝ち点3を与えた。
女子にもいえることだが、チームの強化という意味では、開催国枠でオリンピックの出場権を持っていることがマイナスになるような気もする。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー男子 VSイラン戦 [バレーボール]

第1セットは取ったものの、その勢いは持続しなかった。
それどころか徐々にしぼんでいき、最後はもうどうしようもないといった感じに・・・。
結果、3-1での逆転負け。
勝利が遠い、どころの話じゃない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー男子 VSイタリア戦 [バレーボール]

大黒柱石川が足を痛めて出場出来ない状態になった。が、その分を他のメンバーがしっかり埋めた。
今までの2試合よりしっかりと競り合えていた。そして、今大会初めてセットを奪った。
ただ、肝心なところで粘れなかったの確かだった。
セットカウント3-1で敗戦した。
第2セットを取って、実況はそのことを凄い偉業のように連呼していたが、そうされているうちはまだまだだろう。そもそも第1セットに最大6点のリードをしていたのに逆転で取られてしまっている。まずはこういうセットをきっちり取れるようにならなくては・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー男子 VSフランス戦 [バレーボール]

今日もストレート負けで2連敗となった。
とはいえ、昨日よりはまだ粘れていたと思う。第1セットこそグダグダだったが、第2、第3セットは良い感じ競り合い、リードする場面もあった。それを最後まで保てないことは問題だが、取りあえず勝負にはなっていた。
ただ、サーブミス多過ぎ。相手が付き合ってくれることもあったが、数は日本の方が多かった。『攻めたサーブだから』は甘いと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー男子 VSアメリカ戦 [バレーボール]

何もかもがアメリカの方が上だった。
特に差があったのはレシーブ
日本は今までないぐらい高身長の選手を揃えたといっても、レシーブがきっちりセッターにかえらなければ、高さを活かした攻撃も早さを活かした攻撃も出来ない。攻撃の出所が絞られて簡単にブロックの餌食になった。
途中粘って追いすがるシーンはあったが、結局は力の差をまざまざと見せつけられてのストレート負け。
相変わらず点差が広がるとコート内がお通夜状態になるのは、何とかならないものか。
大会の出場国は全て日本よりランクが上。1勝でも出来れば御の字だろうが、難しいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー女子 VS中国戦 [バレーボール]

中国相手に1セットは取れたが、それが今の精一杯だった。
今日敗れたことでメダルどころか5位で大会を終えることとなった。
高さでは勝負にならない日本はやはりレシーブが良くないとどうしようもない。改めてそれを思い知らされた感じだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラチャンバレー女子 VSアメリカ戦 [バレーボール]

『この試合に勝てばメダル確定』と事あるごとに連呼していたが、結果はフルセットでの負け。
フルセットの試合を落とすのは中田体制になって初めてのことだ。
今日は良い時と悪い時の差が大きかった。そして、悪い流れになった時に中々断ち切れず点差を広げられてしまった。セットポイントを取られた状態で粘ってもラリーポイントでは中々追いつけるものでは無い。
逆にセットポイントを握りながらサーブミスしたりしたし・・・。
まだメダルのチャンスはあるが、やはり世界はそんなに甘く無い。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -