So-net無料ブログ作成
検索選択

世界選手権 女子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Ladies_SP_Scores.pdf


ものすごくレベルの高い試合だった。
71点取ってスモールメダルもらえないとか、69点取っても最終グループに入れないとか、61点取っても第3グループに入れないとか。そもそも去年までなら50点あればほぼフリーに進めたのに、今年の通過ラインは54.83。全体的にレベルが上がっている。
ただ、良演技で高得点は出ていたけど、少し冷静でもあった。もっとシーズンベストやパーソナルベストが乱れ飛ぶと思った(^^;)
メドベデワを筆頭にロシア勢は予想通りの強さを見せた。カナダ勢は2人とも会心の演技でスモールメダルを取った。アメリカ勢も2トップが好位置に付けた。
反面、日本勢は流れから取り残される結果になってしまった。
決して悪い演技だったわけではない。ただ、周りがもっと良かった。ほんのちょっとのミスが大きな差になってしまった。
日本勢の先陣を切った樋口は四大陸の時から大分調子を戻してきて、ノーミスの演技をみせた。ただ、スピンのレベルを1つ取りこぼしたことでパーソナルベストにわずかに届かなかった。
三原は四大陸を上回る出来、と思っていたら最後の最後に落とし穴が待っていた。3回転フリップが抜けてノーカンになった上に転倒して大きく点を失ってしまった。
急遽出場が決まった本郷も前の大会とは比べものにならない良い演技だった。印象としては今シーズン最高の演技といっても良い。ただ、アンダーローテーションがあって点が伸びなかった。
樋口9位、本郷12位、三原15位と厳しいスタートとなった。


それにしてもフジテレビはフジテレビだった。今回は生中継だからと大丈夫、と思っていたが大間違い。
樋口から生中継がスタートして、その直後の滑走順だった三原がコールされるのを待っているタイミングでCM入り。それがまた延々と続く。挙げ句番宣までぶっ込む。やっとCMが明けたら三原の煽りVTR。その後にようやく三原の演技。当然ディレイ。生中継を謳っておきながら、肝心の日本選手の演技よりCMや煽りVTRの方が大事というならスポーツ中継をする資格はない。
三原をディレイにすることでその後の選手は存在を消されたし・・・。
整氷作業時間に当たっているからといって、男子の滑走順抽選は半端に生中継するし、本当に感覚がズレている。
三原が転倒したのは生中継しなかったから、と逆恨みしたいぐらい(^^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: