So-net無料ブログ作成

世界選手権 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Men_SP_Scores.pdf


女子も凄かったが、男子もとんでもなく凄かった。
ノーミス演技続出のまさに人外魔境の戦い。100点越えないとスモールメダルがもらえなくて、最終グループが97点超え。90点無ければ2桁順位で、69点取ってもフリーに進めない。本当にハイレベルだった。
パトリック・チャンが4回転1本構成での最高得点を塗り替え、ジェイソン・ブラウンが4回転なしの構成での最高点を塗り替えた。
そんなしびれるような展開で、当初一騎打ちになると予想された羽生とネイサン・チェンが2人ともトップはおろか、スモールメダルを逃すことになるとは予想できた人はいなかったのではないだろうか。本当にミスは怖い。
ネイサン・チェンは苦手のトリプルアクセルで転倒した。これで97点で6位。
羽生は4回転サルコウの着氷で左膝をつくような形になってしまった。そこから美しい両手上げの2回転トウループを付けるという超絶技巧を見せたのだが、コンビネーションジャンプとして認められずゴッソリと点を失ってしまった。さらにはレイトスタートの減点もあった。これが実にもったいなかった。ただ、これ以外の要素は全て2と3しかない綺麗なプロトコルだった。4回転ループとトリプルアクセルはもっと加点されても良いと思うけど(^^;) コンボ抜けという致命的ともいえるミスがあって98点はさすがだ。
トップがフェルナンデス、2位に宇野、3位パトリック・チャンとノーミスでパーソナルベストを大きく更新したスモールメダルを獲得した。
羽生とフェルナンデスの差は10.66。小さいものでは無いがひっくり返せない点差ではない。
羽生はこれまで何度も驚異の追い上げを世界選手権では見せているし、ネイサン・チェンもこのまま引き下がりはしないだろう。
そして、SPが終わった段階では、3枠を取れる位置にいるのは日本のみ。アメリカ14、カナダ15、ロシア17となんとも微妙なラインとなっている。こちらを巡る攻防も興味深い。フリーはよりエキサイティングな展開になりそうだ。


上位陣の凄い戦いの所為で影が薄くなってしまったが、田中は4回転サルコウの転倒が響いて点が伸ばせなかった。22位で辛うじてフリーに進める。巻き返しをして少しでも順位を上げて欲しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0