So-net無料ブログ作成
検索選択

世界選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Ladies_FS_Scores.pdf


何か本当に凄いものをみた。本当に色々な事があった。
その口火を切ったのは、三原舞依。
ものすごいスピードでかっとんで、次々にクリーンなジャンプを決めていく。
癖がなく正確なジャンプと伸びやかなスケーティングは本当に見ていて気持ちが良い。四大陸の時に出したパーソナルベストをさらに大きく更新する会心の演技で、第2グループの滑走でありながら最終グループ2番滑走のカレン・チェンに抜かれるまで見事に漬けきった。滑走順がもっと後だったらあるいは140点の大台が出ていたかもしれない。順位はフリー4位で総合5位までごぼう抜きであげた。本当に素晴らしいシンデレラだった。
日本勢2番手で登場した本郷は、冒頭のジャンプが抜けてしまった。その分を最後にリカバリーをしようとしたが、転倒。リバーダンスの世界観をきちんと表現していたが、今回も回転不足が複数あって点数が伸びなかった。
第3グループ最終滑走で登場した樋口は、前半は良い出来だった。しかし後半のトリプルルッツが抜けてしまったことから、以降の構成を変更してリカバリーをしたが、こちらも最後のジャンプで転倒した。
二人とも順位を下げる事になってしまったが、少しでも点数を取ろうと攻めた結果だ。

最終グループは何といってもメドベデワが強かった。感嘆するより呆れるぐらい強かった。ミスする気配は微塵も感じさせない。とにかく強いとしかいいようがない。たたき出したスコアは154点。当然パーソナルベスト。総合得点も230点超え。異次元の点数をアッサリとたたき出してくれた。
反面、後の二人のロシア勢は残念なことに。スタミナに不安のあったソツコワは後半に崩れてしまった。そして今シーズン安定した強さを見せていたポゴリラヤが最初のジャンプが抜けると、後はもう見ているのも辛い状態に・・・。途中で心が折れてしまったのがはっきりと分かった。それでも何とか滑りきったが大きく順位を落としてしまった。
逆に北米勢はミスもあったが大崩れしなかった。特にデールマンとオズモンドのカナダ勢はメドベデワの後にもかかわらずしっかりと自分の演技をしてパーソナルベストを更新した。
表彰台はSPのスモールメダルと一緒。ちょっとだけ三原がフリーのスモールメダルをもらえるかと思ったが、そんなに甘くはなかった。

五輪の3枠を獲得できたのは、ロシア、カナダ、アメリカの3ヶ国。日本は三原の5位と樋口の11位で16なので2枠となった。
樋口は順位こそ2桁だが、8位のソツコワとの差は約4点だった。それを思うとちょっと残念ではある。ただ、これは3選手がそれぞれ出来る限りの事をやった結果だ。戦前から予想されていたことが実現しただけだともいえる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: