So-net無料ブログ作成

大阪国際女子マラソン [マラソン]

重友梨佐が5年ぶり2度目の優勝を果たした。
最近良い結果が出せずに低迷していたけど、ここに来て華麗に復活した。
タイムは自己ベストを更新したわけでもないし、タイムの出やすい大阪ということを考えると若干物足りなさはある。ただ、1度先頭集団から大きく離されたのに後半に粘って逆転という勝ち方は素晴らしい。世界選手権の代表選考に対して大きなアピールポイントになると思う。


タグ:重友梨佐
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

センバツ出場校決定 [高校野球]

センバツ出場32校決定

仙台育英が2年ぶりの出場が決まった。
秋季東北大会で優勝しているから順当な選出だ。
準優勝の盛岡大付も選ばれている。
さらに21世紀枠で岩手の不来方が初出場を決めた。
この3校で白河越えに挑むことになる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

都道府県対抗男子駅伝 [駅伝]

長野は強かった。なんだかんだあっても、この駅伝に滅法強い上野にトップと2秒差で襷が渡った時点で勝負は見えていた。ただ、福岡も粘って思ったほど差が付かなかった。
それ以上に面白かったのは、3位争いだった。愛知・神野、京都・一色、静岡・下田の青学勢に順天堂の群馬・塩尻が加わっての四巴えは見応えがあった。最後は結局『年功序列』でゴールしていたのも面白い。レース後のインタビューで一色が「神野さんは大人げない」と言っていたのが印象的だった。先輩に対してこんなことを堂々といえるのが青学の強さかもしれない。
ただ、テレビ的にも美味しい3位争いを多く映した所為で、最終盤になって入賞圏内に飛び込んできた新潟の追い上げとか、11人抜きで区間賞を取った設楽悠太の激走が殆ど映らなかったのは残念だった。

宮城は1区は20位台中盤とまずまずのスタートを切ったと思ったら、3区で順位を落としそこから殆ど巻き返せずに33位フィニッシュ。一般区間に村山ツインズを起用できないと上位を狙うのは難しいかと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まさかの結末 [大相撲]

大相撲初場所14日目。
稀勢の里VS逸ノ城の取組前。
「キセノンはこういう時にころっと負ける時あるよね」
稀勢の里勝利後。
「明日白鵬がキセノンに連勝して優勝するパターンだね」
等と大分無礼な事を言っていた(^^;)
優勝争いは千秋楽までもつれ込むと思い込んでいた。
・・・まさか白鵬が貴の岩に負けるとは。初顔合わせの相手に滅法強い筈なのに。
あまりにも想定外な形で稀勢の里の初優勝が決定。こんなことになるとは思ってもみなかった(^^;)
日本人力士の中で最も優勝に近いと言われ続けていたのに、気付けば大関の中で唯一優勝経験がない状態になっていただけに感慨も深いと思う。
・・・今日優勝が決まったことで安心して、明日負けるような気がしなくも無い(^^;)

タグ:稀勢の里
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

都道府県対抗女子駅伝 [駅伝]

京都競馬は中止になったのに、駅伝は決行。途中中継画面がほぼ真っ白になるほどの吹雪にもなる悪天候の中、熾烈な争いが展開された。先導が白バイじゃなくてパトカーという駅伝は初めてみたかも・・・。
最終的に優勝したのは、地元京都だったが、岡山のアンカー小原の追い上げも凄かった。
並み居る社会人、大学生の有力ランナーを抑えて区間賞を取りトップに出た長崎の3区、高校1年の廣中は本当に衝撃的だった。高校駅伝に出ていないだけによりインパクトを残した。今後が楽しみ。

宮城は前半は30位台をウロウロしていたが、後半3人が順位を上げて25位でフィニッシュ。これぐらいの順位だと中継点でしか映らないのが寂しい(^^;)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

無類の攻撃力 [サッカー]

青森山田、悲願の初優勝 最北V50年ぶり更新 高橋5戦連発&鳴海2発

青森山田が勝つのでは無いかと思ってはいたが、まさかこんな結果になるとは思わなかった。
決勝まで無失点で勝ち上がってきた前橋育英に対して、5-0の圧勝劇。本当に攻撃力が半端ない。
優勝するまでに一体何点取ったのだろう。その中にはやはり5-0でフルボッコにされた聖和学園も含まれている。
しかも守備力も凄い。前橋育英の無失点勝ち上がりの方が注目されていたけど、青森山田も1~2点ぐらいしか取られていないはず。本当に凄いチームだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第93回箱根駅伝・復路 [駅伝]

やはり青山学院大学は強かった。
往路での貯金は33秒。7区の終盤にブレーキを起こしたのに、終わってみたら2位に7分以上の差をつける圧勝だった。復路も区間賞を取ったのは1人だけ。それでも崩れた選手の分を補って余るだけの力があった。
箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠を同時に達成する史上初の快挙。その栄冠にふさわしいレース運びだったと思う。
青山の派手に隠れていたけど、9年連続3位以内を果たした東洋の安定感も素晴らしい。そして、往路で大健闘した神奈川が復路もしっかり繋いで5位でフィニッシュし、12年ぶりにシードを獲得したのも凄い。同様に法政も予選会上がりからシードを獲得した。反対にシード落ちになったのが、山梨学院と帝京。帝京は一時シード圏内に入っただけにもったいなかった。シード権争いは始めの頃は順位変動が結構あったけど、10区に入った時点でほぼ決着していたのがちょっと残念だった。シード権ギリギリの所に駒澤が巻き込まれたのはビックリしたけど・・・(^^;)
タグ:箱根駅伝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第93回箱根駅伝・往路 [駅伝]

青山学院大学が下馬評通りの往路3連覇を達成。
ただ、各区間の順位変動も大きく、実に見応えのあるレースだった。
勝った青山学院にしても、2位の早稲田との差は33秒しかないし、7位までが5分差以内に納まっている。これまでのような圧勝ではなかった。結果から見たら、5区の距離が短くなったことが、青山に有利に働いたともいえる。逆に5区で追い上げた早稲田を始めとする他校は、去年までの距離であれば・・・と思ったかもしれない。
区間賞を取ったのが1人だけで往路優勝した青山も凄いが、神奈川大学も素晴らしかった。2区で注目されていた留学生たちや一色くんを抑えて、区間賞を取り先頭で襷を渡すとはまさに想定外。しかも、その後も全員が粘り大崩れすることなく6位でフィニッシュした。青山の3連覇を神奈川が阻止した、なんてことになったら面白いと思ったのだが、さすがにそんなに甘くはなかったが、今日は上出来の結果だと思う。

7位までが5分差以内だし、16校が時差スタートとなる。シード権ライン近辺にも複数の学校が僅差で固まっている。復路は優勝争いはもちろんのこと、シード争いも面白いことになりそうだ。


タグ:箱根駅伝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ