So-net無料ブログ作成

冬季アジア大会 男子フリー [フィギュアスケート]

ミーシャ、ケリー、ハン・ヤンetc良演技が沢山見られた。
無良も4回転サルコウを入れることは出来ず、順位も上げられなかったが、今シーズン1番のフリーを見せた。
なのに後味の悪さが残るのは、最終結果の所為。
宇野はフリーで1位となりボーヤンを逆転したが、ボーヤンの方が出来が良かった。
確かにジャンプは転倒するより抜ける方が点数的には痛い。
4回転サルコウがダブルになったことで、ボーヤンが失った点数は9.2。4回転ループがアンダーローテーションで転倒となったことで宇野が失った点数は7.6。
ここだけ見ればボーヤンの方がロスしているが、宇野は3連続ジャンプでも転倒しステップアウトも2度している。
なのに最終的な技術点は両者ほぼ同じだった。
宇野の転倒もステップアウトもしなかったジャンプへの加点が気前が良かった。これでロスした分を埋めた感じだ。
SPといい、フリーといい花試合としてもちょっとやり過ぎのような気がする。


冬季アジア大会 女子フリー [フィギュアスケート]

首位の僅差の2位から逆転優勝わ目指した本郷だったが、冒頭のジャンプがダブルになってしまい、最初から歯車が狂ってしまった。コンビネーションジャンプのリカバリーをするなど最後まで諦めずに滑ったものの、抜けたり回転不足になったりと、きちんと跳べたジャンプの方が少ない残念な出来になってしまった。当然、点数が伸びず優勝はおろか表彰台を逃す結果になってしまった。元々この大会に合わせて調整していたところを、急遽1週早い四大陸選手権に出場することになって予定が狂ってしまったことも原因のひとつなのかもしれない。とにかく残念だった。
優勝はチェ・ダビン、2位ジジュン・リ、3位トゥルシンバエワとフリーで会心と言って良い演技をした3位がメダルを掴んだ。4位本郷を含めて、四大陸選手権の成績順になっている。つまり妥当な結果だった訳だ。


タグ:本郷理華

冬季アジア大会 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://info.sapporo2017.org/ddr/12017100/SK/FS/M/010/00/2/01/JUDGESDETAILSPERSKATER.pdf?_=1487938972126


優勝候補に上げられている宇野が2位スタート。
しかしなんともすっきりしない。
4回転フリップが両足着氷、4回転トウループがお手つきでコンビネーションジャンプにならなかった。公式記録には残らない花試合のようなものとはいえ、この状態で92点はちょっと気前が良すぎる。
プロトコルを見ると、単独ジャンプ前のステップは甘く判定されているが、これは全員に対して甘いから問題は無い。が、両足着氷でGOEがわずかとはいえプラスなのは分からない。
逆にノーミスで滑った無良にはちょっと渋め。90点で4位となったけど、正直宇野と順位が逆でも良いような気がする。
首位がボーヤン・ジン、3位がハン・ヤンで、首位から4位まで3点差無い。日中の4人で優勝も表彰台も取り合うことになる。甘いなら甘い、渋いなら渋い。全員を同じ基準で採点されるすっきりとした戦いが見たい。


冬季アジア大会 女子SP [フィギュアスケート]

宮原が疲労骨折で欠場し、その代役となった坂本がインフルエンザで欠場と呪われた感さえする日本女子。
ただ一人の出場となった本郷は、2位スタートとなった。先週の四大陸選手権の時よりはいい動きだったと思う。が、如何せんジャンプで転倒してしまっては点が伸びない。ただ、2位といっても首位とは0.32しか差が無い。フリーは填まりプロのリバーダンスだし、十分に逆転が狙える。

この大会は普段国際大会に出ることのないような選手たちも出場出来る。そのこと自体は良いことだと思う。が、シニアのルールで行ったが故に、前半グループのトリプルジャンプが跳べない選手たちが軒並みノーカンとなって点数が伸びないどころじゃなかった。オーストラリアなどオセアニアはゲスト枠で順位は付くけどメダルはもらえないとか、不思議なレギュレーションがあるのだから、この辺りも少し緩めても良いのではないだろうか。最も参加24名で全員がフリーを滑れるからOKなのかもしれないが。・・・もし坂本が棄権していなかったら1人だけSP落ちになったのか?

フジテレビに続いて今回のNHKもTESカウンターが表示された。国際映像をそのままの状態で流したものと思われるが、やはり表示はあった方が良い。


タグ:本郷理華

四大陸選手権 男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/fc2017_Men_FS_Scores.pdf

実に凄い試合だった。最終グループ6人が挑んだ4回転は合計24本(^^;)
これだけでも信じがたいのに、その中でもさらに異次元のことをやってのけたのは羽生、そしてネイサン・チェンだった。
羽生はループ、サルコウは綺麗に決めたが、鬼門になっている2本目のサルコウがSP同様ダブルに抜けた。咄嗟にハーフループに繋いで何かを跳ぼうとしたが思いとどまった。その後トリプルアクセル+ダブルトウループをトリプルアクセル+トリプルトウループに変え、トリプルアクセルからの3連続コンビネーションを4回転トウループ+ダブルトウループ、トリプルルッツをトリプルアクセルに変えるとんでもないリカバリーを見せた。練習でもやったことのないリカバリーを演技の最中に判断してやってのけるのだから凄すぎる。しかも全て規定回数内に収めている。結果的に予定構成とは違う形であっても4回転4本を初めて成功させた。206.67の今季最高得点をマークし、フリーでは1位となったが、金メダルには届かなかった。
ネイサン・チェンが予定より多い5本の4回転を着氷して、4人目のフリー200点超えそしてトータル300点超えを果たした。フリーは羽生に及ばなかったが、SPのリードが貯金となって初優勝を果たした。
羽生は四大陸選手権に3回出場して3回銀メダルという結果になった。

SP2位の宇野は初投入の4回転ループを加点付きで成功。後の3本の4回転も着氷したが、トリプルアクセルを2度とも転倒しまった。コンビネーションも1つしか出来ず大きく点を失う結果になってしまった。
トータルのパーソナルベストは更新したが、290点の壁は越えられなかった。

田中は4回転サルコウを始めとして抜けてしまったジャンプが多かった。これで点数が伸ばせず順位を落とす結果になってしまった。ユニバーシアードとの連戦の影響もあったと思う。

四大陸選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/fc2017_Ladies_FS_Scores.pdf

上位の点差が小さく波乱の起こりやすい状況にあった。が、本当にそれを引き起こすきっかけを作ったのは、最終グループ1番滑走の長洲未来だった。
回転不足になりやすい選手ではあるが、今日は全てのジャンプがクリーン。スピンやステップにも隙が無く、気迫ある演技でパーソナルベストをたたき出した。
その直後に滑った三原舞依は長洲の高得点に動揺することなく、会心の演技をみせた。スピードに乗って跳ぶ流れのあるジャンプが小気味よい。フリー130点、トータル200点の壁を突破してパーソナルベストを更新した。これまでトータル200点超えを果たした日本女子は、浅田真央、安藤美姫、宮原知子の3人だけ。ここに三原が加わった。しかも、スピンやステップでレベルの取りこぼしがあってこの結果は凄い。
この2人の結果と表彰台がプレッシャーになったのか、SPのトップ3は思うような結果にならなかった。元々フリーで順位を落とすことの多いトゥルシンバエワはともかくとして、デールマン、オズモンドのカナダ勢は出だしは良かったのに中盤以降に崩れてしまった。それでもデールマンはパーソナルベストを更新したが、オズモンドはまさかの3転倒で表彰台圏外に落ちてしまった。
結果、フリーでトップの点数を出した三原がSP4位から逆転で優勝を果たした。2位デールマン、3位長洲と面白いことに国内選手権での最上位ではない、つまり2番手以下の選手が表彰台を占めたことになる。

三原が快挙を達成したのと裏腹に樋口、本郷は辛い結果になってしまった。ジャンプのミスが相次ぎ、思うように点が伸ばせなかった。SPと順位が入れ替わって、樋口9位、本郷10位と不本意な成績に終わった。



四大陸選手権 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/fc2017_Men_SP_Scores.pdf

まさに真・四回転時代。
ショートプログラムからアクセル以外の5種類の4回転の成功が見られるとは!
そして、SP100点倶楽部に一度に2人の新規会員が増えた。ネイサン・チェンと宇野が公式記録としては初めて100点を超えた。
ネイサンのジャンプはとにかく豪快だった。流れはあまりないけど、4回転でルッツとフリップを跳び分けられるだけでも凄い。
宇野は飛び方を変えてきたトリプルアクセルが特に良かった。その後のクリムキンも無理矢理感が無くなって良い感じ。
100点倶楽部の筆頭たる羽生は、ちょっと慎重だった? いつもよりスピードがなかったような気がする。4回転サルコウが2回転に抜けてしまった。スピン1つとステップのレベルの取りこぼしもあった。SPでは初めてクリーンに決まった4回転ループは2.29の加点が付いて14.29取っている。これはネイサンや宇野の4回転フリップより多く稼いでいる。トリプルアクセルは満点の12.35。さらに細かく言えば、全ての要素においてマイナスを付けたジャッジが1人もいない。実に綺麗なプロトコルだ。コンビネーションジャンプが2回転-3回転なのに97点出せるのは羽生だけだろう。
もう一人の日本勢田中も4回転サルコウが抜けてしまいトリプルになった。それ以外はしっかりとまとめてパーソナルベストに近い点数を出した。順位こそ11位だが、悪くない出来だったと思う。

ネイサンと羽生の差は約6点。宇野とは3点。
高難度時代においてはこれぐらいはあってないようなもの。ネイサンと15点の差があるパトリック・チャンが逆転することだって有り得る。羽生とチャンの間にいるボーヤン・ジンを含めた5人の内の誰が、表彰台の中央に立ってもおかしくない。


四大陸選手権 女子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/fc2017_Ladies_SP_Scores.pdf

結構魔物が暴れてくれた。
今季SPでは安定感のあったオズモンドがダブルアクセルで転倒したのには驚いた。全体として70点を超えた選手はなく、68点のデールマンが首位という予想外の展開になった。
日本勢は公式練習の調子がそのまま試合に反映された形になった。
三原舞依がノーミスの演技で4位スタート。3位のトゥルシンバエワとは0.36しか差が無い。ステップでレベル4を取れていれば、スモールメダルに手が届いていた。あるいは第2グループという滑走順が響いたか。
本郷は、回転不足とロングエッジで点数を伸ばすことが出来なかった。ただ、ダブルに抜けてしまったフリップに強引にトリプルトウループを付けて要素抜けを防いだり、コンビネーションジャンプで失った点を少しでも取り返そうと単独ジャンプをサルコウからルッツに変えるなど完全に上手く行ったわけではないがリカバリーしたのは見事だった。
樋口はスタート前からものすごく緊張している様子だった。そのままダブルアクセルで失敗。それを引きずってコンビネーションジャンプで転倒。さらには持ち味のスピードも今ひとつで点が伸ばせなかった。
本郷9位、樋口10位と出遅れた格好になった。ただ、5位から10位までは5点差以内の団子状態だから、フリーでの巻き返しが可能だ。
三原は首位のデールマンとの差は2点ない。メダルだけで無く優勝を十分狙える。