So-net無料ブログ作成
検索選択

世界選手権 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Men_SP_Scores.pdf


女子も凄かったが、男子もとんでもなく凄かった。
ノーミス演技続出のまさに人外魔境の戦い。100点越えないとスモールメダルがもらえなくて、最終グループが97点超え。90点無ければ2桁順位で、69点取ってもフリーに進めない。本当にハイレベルだった。
パトリック・チャンが4回転1本構成での最高得点を塗り替え、ジェイソン・ブラウンが4回転なしの構成での最高点を塗り替えた。
そんなしびれるような展開で、当初一騎打ちになると予想された羽生とネイサン・チェンが2人ともトップはおろか、スモールメダルを逃すことになるとは予想できた人はいなかったのではないだろうか。本当にミスは怖い。
ネイサン・チェンは苦手のトリプルアクセルで転倒した。これで97点で6位。
羽生は4回転サルコウの着氷で左膝をつくような形になってしまった。そこから美しい両手上げの2回転トウループを付けるという超絶技巧を見せたのだが、コンビネーションジャンプとして認められずゴッソリと点を失ってしまった。さらにはレイトスタートの減点もあった。これが実にもったいなかった。ただ、これ以外の要素は全て2と3しかない綺麗なプロトコルだった。4回転ループとトリプルアクセルはもっと加点されても良いと思うけど(^^;) コンボ抜けという致命的ともいえるミスがあって98点はさすがだ。
トップがフェルナンデス、2位に宇野、3位パトリック・チャンとノーミスでパーソナルベストを大きく更新したスモールメダルを獲得した。
羽生とフェルナンデスの差は10.66。小さいものでは無いがひっくり返せない点差ではない。
羽生はこれまで何度も驚異の追い上げを世界選手権では見せているし、ネイサン・チェンもこのまま引き下がりはしないだろう。
そして、SPが終わった段階では、3枠を取れる位置にいるのは日本のみ。アメリカ14、カナダ15、ロシア17となんとも微妙なラインとなっている。こちらを巡る攻防も興味深い。フリーはよりエキサイティングな展開になりそうだ。


上位陣の凄い戦いの所為で影が薄くなってしまったが、田中は4回転サルコウの転倒が響いて点が伸ばせなかった。22位で辛うじてフリーに進める。巻き返しをして少しでも順位を上げて欲しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界選手権 女子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Ladies_SP_Scores.pdf


ものすごくレベルの高い試合だった。
71点取ってスモールメダルもらえないとか、69点取っても最終グループに入れないとか、61点取っても第3グループに入れないとか。そもそも去年までなら50点あればほぼフリーに進めたのに、今年の通過ラインは54.83。全体的にレベルが上がっている。
ただ、良演技で高得点は出ていたけど、少し冷静でもあった。もっとシーズンベストやパーソナルベストが乱れ飛ぶと思った(^^;)
メドベデワを筆頭にロシア勢は予想通りの強さを見せた。カナダ勢は2人とも会心の演技でスモールメダルを取った。アメリカ勢も2トップが好位置に付けた。
反面、日本勢は流れから取り残される結果になってしまった。
決して悪い演技だったわけではない。ただ、周りがもっと良かった。ほんのちょっとのミスが大きな差になってしまった。
日本勢の先陣を切った樋口は四大陸の時から大分調子を戻してきて、ノーミスの演技をみせた。ただ、スピンのレベルを1つ取りこぼしたことでパーソナルベストにわずかに届かなかった。
三原は四大陸を上回る出来、と思っていたら最後の最後に落とし穴が待っていた。3回転フリップが抜けてノーカンになった上に転倒して大きく点を失ってしまった。
急遽出場が決まった本郷も前の大会とは比べものにならない良い演技だった。印象としては今シーズン最高の演技といっても良い。ただ、アンダーローテーションがあって点が伸びなかった。
樋口9位、本郷12位、三原15位と厳しいスタートとなった。


それにしてもフジテレビはフジテレビだった。今回は生中継だからと大丈夫、と思っていたが大間違い。
樋口から生中継がスタートして、その直後の滑走順だった三原がコールされるのを待っているタイミングでCM入り。それがまた延々と続く。挙げ句番宣までぶっ込む。やっとCMが明けたら三原の煽りVTR。その後にようやく三原の演技。当然ディレイ。生中継を謳っておきながら、肝心の日本選手の演技よりCMや煽りVTRの方が大事というならスポーツ中継をする資格はない。
三原をディレイにすることでその後の選手は存在を消されたし・・・。
整氷作業時間に当たっているからといって、男子の滑走順抽選は半端に生中継するし、本当に感覚がズレている。
三原が転倒したのは生中継しなかったから、と逆恨みしたいぐらい(^^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯アジア最終予選 VSタイ戦 [サッカー]

4-0で勝利。
結果だけ見れば『圧勝』『快勝』だが・・・。
前半20分までに2点取ったところまでは良かった。
その後は、簡単なミスをしてしまったり、守備で後手に回ったりと結構ヒヤヒヤな場面が多かった。
特に前半終了間際のゴール前でのゴチャゴチャと後半のPKはよく失点しないで済んだ。
結果オーライであっても勝ち点3を取れたし、得失点差を4つプラスできたのは大きい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯アジア最終予選 VSUAE戦 [サッカー]

完全アウェイの中2-0の完勝。
ホームで敗れた雪辱を果たした結果になった。
前半、後半の早い時間帯に1点ずつという中々良い点の取り方だった。しかも、久保の代表初ゴールに今野の久々のゴールなんて劇的だ。
長谷部が離脱してどうなることかと思ったが、『今野を招集しておいて良かったね。スタメン起用して良かったね』という感じだ。本当に好守に分かって今野が効いていた。
後は大迫の怪我が大事でなければ良い。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

初戦敗退 [高校野球]

仙台育英が初戦敗退。この春も優勝旗が宮城にやってくることはない。
初回を三者凡退に打ち取った後にすぐさま連打で2点先制した。幸先の良いスタートを切ったのだが、結局2度のリードを追いつかれ、9回に逆転されてしまった。
しかも逆転は、盗塁、牽制悪送球、ワイルドピッチと打点なしで許してしまったのが痛すぎる。
投手は序盤から打ち取っていても3ボールまで行くことが多く、球数が多かった。これがジャブのように効いていて8回、9回の失点に繋がった。延長に入った訳でもないのに160球超えはどう考えても多すぎる。結果的に抑えていたから投げさせていたのだろうが、継投も準備しておくべきだったように思う。


タグ:仙台育英
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界ジュニア選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wjc2017/wjc2017_JuniorLadies_FS_Scores.pdf


トップ3人の戦いは凄いものだった。上位3人をグループの後半になるようフリーの滑走順抽選のレギュレーションを変更したのは、こういう試合が見たかったからといわれても納得出来る。最後の最後に神演技が3つ揃った。
結果として、SPの順位は変わらなかった。本田の日本人初の大会2連覇はならなかったわけだが、本田も坂本もパーソナルベストを出してザギトワに届かなかったのだから仕方ない。
特に本田は演技構成点では上回っている。大きかったのはやはりジャンプの基礎点の差だ。全部後半の破壊力は半端ない。坂本は本田よりもさらに構成が低い。今後考えなくてはいけないところかと思う。
白岩も腰痛を抱えながら出来ることはやりきって5位をキープした。ただ少し慎重になった分、3つのジャンプがアンダーローテーションになってしまったことが点数的にもったいなかった。

しかし、フジの中継は最悪だった。第3グループの選手が演技している時間にCM、本田の煽りVTR、本田のSP振り返り。挙げ句にバックヤードの様子を生中継とは呆れてものが言えなかった。ナビゲーターの役立たずぶりは拍車が掛かっているし、会場内での優勝者インタビュー通訳なしでただ垂れ流し。はっきり言って、本田さえ映していれば良いと思っていないか? 生中継の時間に掛かっているのに放送されない選手が出るとは思わなかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界ジュニア選手権 女子SP [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wjc2017/wjc2017_JuniorLadies_SP_Scores.pdf


深夜の地上波を待つつもりが、結果を知って動画をあさってしまった(^^;)

日本の3人娘が揃ってパーソナルベストを更新する会心の滑り出しを見せた。この大舞台でこの結果。素晴らしすぎる。
坂本は豪快にかっ飛ばし、本田は華やかで可憐、白岩はとことん丁寧に。三者三様持ち味を存分に発揮した。
本田2位、坂本3位、白岩5位と揃ってフリーの最終グループ入りを決めた。
日本勢を抑えて首位に立ったのは、ロシアのザギトワ。ただ一人70点台に乗せた。しかし、本田と坂本は演技構成点ではザギトワを上回っている。日本勢がコンビネーションジャンプにフリップを使っているのに対し、ザギトワはより基礎点の高いルッツを使っている。さらに全てのジャンプを後半に跳ぶ。スピン、ステップも全てレベル4だった。逆に日本勢はレベル3が1つずつあった。つまり基礎点の差が大きかった。
もう一人優勝候補とみられていたツルスカヤは、トリプルジャンプ全てでアンダーローテーションと判定された。転倒もあって11位と大きく出遅れてしまった。
ロシアの表彰台独占もあり得ると思っていたが、SPの順位を見れば日本の表彰台独占も臨める展開になった。ただ、ザギトワがフリーも全てのジャンプを後半に跳ぶ事を考えるとかなり厳しいと思うが・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界ジュニア選手権 男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wjc2017/wjc2017_JuniorMen_FS_Scores.pdf

男子はジュニアといえども4回転が必須の時代に突入した。
ジュニアグランプリシリーズで合計のジュニア最高得点が更新されたが、この大会ではその点数を持ってしても6位以下(^^;)
SP5位から逆転優勝を果たしたヴィンセント・ゾウがたたき出した得点は179.24。その2時間ぐらい前にサモヒンが165.63を出して、フリーのジュニア記録を塗り替えたと思ったら、さらに大きく更新してしまった。ルッツにサルコウ2本と3本の4回転を含むジャンプを全て加点付きで決めたのだから当然といえば当然だ。でもさすがにジュニアの試合で技術点100点超えを見るとは思わなかった。
サモヒンは返す返すもSPが惜しかった。フリー2位の怒濤の巻き返しをしたが、6位に留まった。最終グループだったらもうちょっと点数が伸びていたも(^^;)
日本勢は友野がフリー7位で9位に順位を上げた。4回転サルコウがアンダーローテーションで、トリプルアクセルが2本とも着氷が乱れたのが響いた。
島田は14位と順位を下げてしまった。SP同様4回転もトリプルアクセルもない構成の上、抜けがあっては致し方ない。
それでも来年の出場枠は2をキープできたのは良かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界ジュニア選手権 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wjc2017/wjc2017_JuniorMen_SP_Scores.pdf

良演技、ノーミス、シーズンベストの乱れ打ち。所謂『神大会』だった。
80点台が4人、70点台後半が5人。単独ジャンプがループと規定されていることを考えると驚異的な点数が並んだ。
4回転を入れられないこともあって、皆似たような構成になる。それだけにちょっとのミスで大きく順位を下げる結果になった。
そんな中、日本勢は島田が12位、友野14位と順位としては出遅れた格好になった。
島田は気迫あふれるノーミスの演技をしたが、ダブルアクセルの分構成が弱い。友野はトリプルアクセルで転倒してしまったのが響いた。
ただ、上位だけではなく日本勢の近辺も凄いことになっている。68点台の島田は辛うじてフリーの第3グループに入ったが、66点台で第1グループになった選手がいる。つまり、2点差内で8人が団子状態になっている(^^;)
フリーは4回転を入れる選手が複数いるし、全体的に順位の大きな変動がありそうだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第89回センバツ組み合わせ [高校野球]

センバツの組み合わせが決定。

第89回選抜高校野球 組み合わせ

仙台育英は大会4日目(22日)の第1試合で、福井工大福井と対戦することになった。
同じ山には、健大高崎、作新学院、早実、明徳義塾、大阪桐蔭がいる。結構ハード。
1回戦の注目カードは、日大三高VS履正社、早実VS明徳義塾辺りかと思う。・・・早実の清宮くんは、何回敬遠されるだろうか(^^;)

タグ:仙台育英
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ