So-net無料ブログ作成
検索選択

国別対抗戦3日目 [フィギュアスケート]

ペアフリープロトコルhttp://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0305.pdf
女子フリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0205.pdf


須藤・オデ組はミスもあって順位を上げられなかった。
ただ、ペアが終わって時点で僅差とはいえ日本は首位をキープ出来ていた。
そして迎えた最終グループの女の戦いは凄いものがあった。
まずはアシュリー・ワグナーが安定した演技で133点と高得点をたたき出す。
これは次の樋口のパーソナルベストより高かったが、樋口は動じなかった。今季初のノーミス。全ての要素に加点が付く会心の出来でパーソナルベストを15点以上も更新して、145点というとんでもない得点を出した。これは宮原が持っていた日本最高得点を上回っている。
デールマンは堪えたジャンプもあったがパーソナルベストを更新する142点。
三原は、四大陸、世界選手権に続いて今回もノーミス。これまで取れていなかったステップもレベル4を取って、樋口が更新したばかりの日本最高得点を上回る146点を出した。
ラジオノワは2つのジャンプがアンダーローテーション。演技自体は悪くなかった。137点という点数も十分高い。が、如何せん他の選手が良すぎた。ラジオノワが日本の2選手の下の順位になった時点で日本の優勝が確定。銅メダルが取れればラッキーと思っていたのだが、良い方に裏切られた。
そして、最終滑走のメドベデワ。リンクに入る時からものすごい気迫が伝わってきた。そしていつも通りのノーミスの演技。ではなく、完璧な演技。TESカウンターが何度もGOEの満点を表示していく。そして最終的に表示された点数は女子史上初の160点。元々点数の出やすい大会で、最後の種目と言うことで気前が良くなっていた面はある。が、これほどの点数が出たのは驚きだ。トリプルアクセルや4回転を入れたところでこの点数を更新することは容易ではない。メドベデワ自身でも構成を上げない限り更新できなさそうだ。確かにそれにふさわしい演技ではあった。大会の最後の最後に凄いものを見た。


国別対抗戦2日目 [フィギュアスケート]

ペアSPプロトコルhttp://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0303.pdf
アイスダンスフリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0405.pdf
男子フリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0105.pdf


ペアの須藤・オデ組は転倒もあって最下位。これは想定内。
アイスダンスの村元・リード組はパーソナルベストを更新するも、最下位。これは仕方ないし想定内。
カップル競技が終了した時点で3位となるも、男子で1、2フィニッシュしたことで再び首位に返り咲きして2日目を終えた。
男子の皆さんはさすがにお疲れモードだった。転けるより抜けるパターンが多く、プチ自爆祭り。
そんなフリーの戦いを制したのは羽生。第1グループ最終滑走から最後まで漬けきった。
そんな羽生も2つのジャンプがシングルに抜けた。
鬼門になっていたコンビネーションジャンプではなく、単独のサルコウが抜けた時は驚いたけど、鬼門はきっちりクリアした。その後にハーフループの3連コンボをトリプルアクセルからでは無く4回転トウループから跳ぶという世界初の技を披露した。さらに後半4回転3本構成も世界初。四大陸選手権を上回る鬼リカバリだと思ったら、SPの悔しさを晴らすために最初から4回転5本にするつもりだったとか。相変わらず斜め上のことをやってくれる。
ただ最後に回した鉄板の筈のトリプルアクセルが抜けたことで、本調子ではなかったことがうかがえる。ビールマンをしなかったし・・・。
しかしジャンプ2つがシングルになっても、技術点106点でトータル200点超えは凄い。
宇野は2つ目の4回転フリップがダウングレードでの転倒になってしまった事で大きく基礎点を失った。コンビネーションジャンプも1つ足りなくなってしまったし。
さらにここの所アテンションレベルで収まっていたルッツのエッジがエラー判定。これもお疲れモードの所為だったかも。


タグ:羽生結弦

国別対抗戦1日目 [フィギュアスケート]

アイスダンスSDプロトコルhttp://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0403.pdf
女子SPプロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0203.pdf
男子SP → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0103.pdf


日本勢の先陣を切った村元・リード組がパーソナルベストを更新。続く女子も2人とも会心の演技で、パーソナルベストを更新。しかも揃って初の70点超えを果たした。
いい流れが来ていると思ったら、最後の最後で羽生が外すとは思わなかった。それもシーズン当初かと思うような大自爆。バックヤードでも演技前も表情が硬かった。気負いすぎたのかもしれない。そして、トークショーの時に言っていた「練習させてください」は本音だったのだろうと思う。ただ、やらかしても相変わらずプロトコルはとても綺麗だ。ループがシングルになってノーカンになり、サルコウはコンビネーションに出来ずで83点出るのはさすが。ループがダブルになっていれば、こちらがコンビネーション扱いになって、もうちょっと点数が出たのだが・・・。

国別対抗戦はスコアは公認されるが、お祭りであり花試合である。ジャッジが甘めで大盤振る舞いする傾向がある。会心の演技に対して大盤振る舞いするのはまだ分かるが、ジャンプが1つ堪えた感じになったメドベデワに史上初の80点つけたり、コンビネーションジャンプのセカンドがダブルになり、スピンのトラベリングがあった宇野に103点付けたのはちょっと気前が良すぎる。逆にデールマン、ネイサン、ボーヤン辺りはもっと点数が出ても良かった。特にネイサンは、100点越えなかったのが不思議だ。

今回の試合からテレ朝でも独自のTESカウンターを導入したが、見やすさも仕様もフジの方が上だった。国内での試合にもかかわらずディレイ放送したことが悪い方向に出た。『世界最高得点とかノーミスとか』で煽っている時には、最終結果が出ていたわけで・・・。視聴率に影響するだろう(^^;)
明日もタイムスケジュールを見ると、地上波放送が始まる前に羽生の滑走が終わる。この出来如何が視聴率を左右する。羽生の神演技をテレ朝関係者が一番願っているかもしれない(^^;)


タグ:羽生結弦

世界選手権 男子フリー [フィギュアスケート]

追い込まれた時の羽生結弦は強い。
それをまた証明した。SP5位からの大逆転で、世界王者の称号を取り戻した。
トップとの差が10点以上。ミスの出来ない状況で高難度のプログラムをミス無くやってのける。本当に凄い精神力だ。
ここまで1度も決められていなかった4回転サルコウのコンビネーションジャンプを降りた瞬間にテレビの前で思わず叫んでしまった。そこから1つエレメンツをこなす毎に拍手と歓声。素晴らしいものを見せて貰った。
223点と当然のように自身の持つフリーの世界最高得点を更新したけど、SEIMEIと比べるとGOEの加点も演技構成点も渋い。これは1番滑走の所為かもしれない。
2番滑走のネイサン・チェンは羽生の神懸かった演技とそれに興奮する観客の雰囲気に飲まれてしまった。6度の4回転に挑んだが2度転倒してしまい順位を上げられなかった。
構成が弱いパトリック・チャンとフェルナンデスもミスが出て、表彰台圏外に去って行った。
表彰台を確保したのは、共に自身初のフリー200点超え、総合300点超えを果たした宇野とボーヤン・ジン。ミスがなかったわけではないが、大きなものでは無かったことでパーソナルベストを更新した。

それにしても300点越えて表彰台に上がれないとか、真・四回転時代って恐るべし。


世界選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Ladies_FS_Scores.pdf


何か本当に凄いものをみた。本当に色々な事があった。
その口火を切ったのは、三原舞依。
ものすごいスピードでかっとんで、次々にクリーンなジャンプを決めていく。
癖がなく正確なジャンプと伸びやかなスケーティングは本当に見ていて気持ちが良い。四大陸の時に出したパーソナルベストをさらに大きく更新する会心の演技で、第2グループの滑走でありながら最終グループ2番滑走のカレン・チェンに抜かれるまで見事に漬けきった。滑走順がもっと後だったらあるいは140点の大台が出ていたかもしれない。順位はフリー4位で総合5位までごぼう抜きであげた。本当に素晴らしいシンデレラだった。
日本勢2番手で登場した本郷は、冒頭のジャンプが抜けてしまった。その分を最後にリカバリーをしようとしたが、転倒。リバーダンスの世界観をきちんと表現していたが、今回も回転不足が複数あって点数が伸びなかった。
第3グループ最終滑走で登場した樋口は、前半は良い出来だった。しかし後半のトリプルルッツが抜けてしまったことから、以降の構成を変更してリカバリーをしたが、こちらも最後のジャンプで転倒した。
二人とも順位を下げる事になってしまったが、少しでも点数を取ろうと攻めた結果だ。

最終グループは何といってもメドベデワが強かった。感嘆するより呆れるぐらい強かった。ミスする気配は微塵も感じさせない。とにかく強いとしかいいようがない。たたき出したスコアは154点。当然パーソナルベスト。総合得点も230点超え。異次元の点数をアッサリとたたき出してくれた。
反面、後の二人のロシア勢は残念なことに。スタミナに不安のあったソツコワは後半に崩れてしまった。そして今シーズン安定した強さを見せていたポゴリラヤが最初のジャンプが抜けると、後はもう見ているのも辛い状態に・・・。途中で心が折れてしまったのがはっきりと分かった。それでも何とか滑りきったが大きく順位を落としてしまった。
逆に北米勢はミスもあったが大崩れしなかった。特にデールマンとオズモンドのカナダ勢はメドベデワの後にもかかわらずしっかりと自分の演技をしてパーソナルベストを更新した。
表彰台はSPのスモールメダルと一緒。ちょっとだけ三原がフリーのスモールメダルをもらえるかと思ったが、そんなに甘くはなかった。

五輪の3枠を獲得できたのは、ロシア、カナダ、アメリカの3ヶ国。日本は三原の5位と樋口の11位で16なので2枠となった。
樋口は順位こそ2桁だが、8位のソツコワとの差は約4点だった。それを思うとちょっと残念ではある。ただ、これは3選手がそれぞれ出来る限りの事をやった結果だ。戦前から予想されていたことが実現しただけだともいえる。