So-net無料ブログ作成
フィギュアスケート ブログトップ
前の10件 | 次の10件

スケートカナダ 男女フリー [フィギュアスケート]


女子フリープロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Ladies_FS_Scores.pdf
男子フリープロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Men_FS_Scores.pdf

本田は昨日のあの状態からよく立て直した。アンダーローテーションをとられたジャンプもあったが、まとめてきた。フリーでは3位の点数を出して追い上げたが、5位となった。これでファイナルの可能性はほぼ消えてしまった。
本郷はまたアンダーローテーションとられまくった。全部で5つ。ルッツにアテンションもついて、またも見た目クリーンなのに点数が出ないということに。6位キープでこちらもファイナルの可能性は消えた。
アシュリー・ワグナーが追い上げを見せて、3位に食い込んだ反面、最終滑走のポゴリラヤの大自爆は見ていて辛かった。スピンの入りで酷い転倒をした時にはそのまま演技を止めてしまうのではないかとさえ思った。この人は崩れ出すと止まらないのがもったいない。
オズモンドが抜けもコケもあったが、フリーも1位で優勝。
正直、ここまで順位が変動するとは思わなかった。ただ、この良くない流れは男子にも派生してしまった感がある。

無良は最初のトリプルアクセルは綺麗に決まったが、そこから抜けに抜けまくった。トリプルになっても着氷が乱れてコンビネーションに出来ずにREPで基礎点ダウン。終いにはODAった。最後にルッツの軌道に入った時に、録画中継にもかかわらずに「それ跳んじゃ駄目」と叫んでしまった orz。
スピン、ステップも今ひとつで技術点40点。SPの38と大差ない orz。
パトリック・チャンも抜けが多かった。冒頭の4回転トウループで転倒したのが響いたのかも。ただ、雄大な滑りは見ていてとても気持ちよい。
出来が悪くても3位以内になるかと思ったらまさかの4位。2戦目で優勝すればファイナルいけるけどNHK杯だし・・・。
ブラウンは今回も4回転トウループを決められなかったけど、終わる頃にはそんなことを忘れてしまった(^^;)
パトリック・チャンとブラウンのフリーは是非ともノーミスが見てみたい。
優勝はSP同様1位で、だったけど・・・。
順位はその通りだと思うが、点数は気前よすぎるだろう。
4回転フリップはアンダーローテーションじゃないのかとか、トウループはアンダーローテーションとったけど転倒扱いにならないのかとか・・・。それ以外にも色々と『はてな』がつく。
多少の地元優遇とか自国贔屓は致し方ない所もあるが、これはそうじゃないだろう。
厳しいなら厳しい、甘いなら甘い。全ての選手を同じ基準で判定して欲しい。他の選手が気の毒だ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

スケートカナダ 男女SP [フィギュアスケート]

女子SPプロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Ladies_SP_Scores.pdf
男子SPプロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Men_SP_Scores.pdf


ずっと『シニアのグランプリシリーズデビュー』と煽られ続けていたが、やはり過度な煽りがプレッシャーになったのだろうか。本田真凜はコンビネーションジャンプで転倒、アクセルがノーカンと大きなミスが出てしまった。それ以外にもスピン、ステップでレベルが取れていない。10位と中々に辛いグランプリデビューとなってしまった。順位も低いが3位と14点近い差があるのが痛い。割り切ってフリーで巻き返し、がどこまで出来るか。
本郷は見た目クリーンだったが、コンビネーションジャンプがアンダーローテーションで点が伸びなかった。6位スタートとなった。
ポゴリラヤとソツコワの2人ももうちょっと点数が出るかな、と思ったが、70点に届かなかった。
その分、最終滑走の地元オズモンドにどかんといった感じだ。クリーンな演技でパーソナルベストを更新し、ただ1人70点に乗せた。
レベル判定も回転不足も厳しめで、スケートカナダの通常営業といった感じだった。

続いて男子。
無良は4回転がアンダーローテーションで74点しか出せなかった。
サマリンも4回転ルッツとトウループを着氷させたが、80点台に留まった。
潮目が変わったのは、ブラウンの所から。
相変わらず繋ぎたっぷりで見ていて楽しい。4回転なしで90点に乗せられるのはさすがだ。
パトリック・チャンは苦手なトリプルアクセルで乱れたのがもったいない。コンビネーションジャンプも彼にしては綺麗ではなかった。4回転1本で94点。
宇野はコンビネーションジャンプのセカンドがダブルになっただけでただ一人ノーミスで滑った。
着氷もいつもに比べて癖が少なかった。が、わずかとはいえ演技構成点がチャンを上回ったのはちょっと疑問。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロシア杯男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gprus2017/gprus2017_Men_FS_Scores.pdf


羽生とネイサン、凄い勝負だった。
二人ともノーミスの演技ではなかった。ただ、抜けたりODAったりはあったが、転倒がなかったから演技がまとまっていた。
フリーでは羽生が1位となったが、SPの点差を追いつくことが出来ず2位となった。グランプリシリーズの初戦に勝てないのはいつものこと(^^;)
ただ初投入の4回転ルッツを加点付きで決めた。これは大きな収穫だと思う。同じ4回転5本構成でも、3種と4種では、単独ジャンプの繰り返しによる基礎点の減点の可能性が低くなる。何より得意のトリプルアクセルを2本入れることが出来る。今後この構成の精度を上げていったら一体何点が出るのか凄く楽しみだ。
今回の4回転ルッツの成功によって『羽生より多い4種の4回転』とか『羽生の跳べない高難度のフリップ』といった不愉快な煽りもなくなるだろう(別の煽りを作る可能性はあるけど^^;)

ネイサンは4回転ループを回避して4本の4回転を跳んだ。羽生は2本抜けたので結果的に3本だったが、得点は羽生の方が上回った。
さらに現在の最強構成のジャンプを全部着氷させたSPも世界最高得点である羽生のパーソナルベストより10点以上低かった。
つまり羽生に勝つためには、羽生のミスが必要であることを改めて知らしめた試合でもあったと思う。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロシア杯男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/gprus2017/gprus2017_Men_SP_Scores.pdf


羽生は4回転ループでアンダーローテーション、コンビネーションジャンプで転倒とミスが出て点が伸ばせなかった。といっても、ほぼ95点は悪くない。というか、ここ数年のグランプリシリーズの初戦のSPに比べたら、かなり良い点数だ(^^;)
アンダーローテーションをとられたとはいえ、やはり抜けなかったのは大きい。
二つのジャンプでゴッソリ点数を失っているけど、その他の要素の加点が凄い。これも羽生の強みだ。

この羽生を抑えてトップに立ったのはネイサン・チェン。
4回転ルッツと4回転フリップを入れたプログラムを転倒なしでまとめた。
その結果、100点超えを果たした。・・・もうちょっと点数が出るかと思ったが、ぎりぎり100点だった。演技構成点が思ったほど伸びなかった。
4回転を降りたからと行って演技構成点を大盤振る舞いしなかったのは良い傾向だと思う。この大会だけではなく、全ての大会で全ての選手に適用してほしいものだ。

ネイサンと羽生の差は6点ほど。
今の男子にとってはないに等しい差だ。
例年通り、猛烈に追い上げる羽生を見せてもらいたい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

オータムクラシック男子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → https://skatecanada.ca/results/2017-ACI/CSCAN2017_SeniorMen_FS_Scores.pdf

マモノさんが気合いを入れて大暴れした。
陰陽師はそれを祓うどころかガッツリ捕まって大遭難(^^;)
冒頭のルッツが抜けたところから始まって、抜けは多いし、得意のトリプルアクセルで転倒する始末だった。
多分、右膝の影響で練習が思うように出来なかった所為もあるのだろう。
SPの技術点とさほど差が無いというのも遭難ぶりが分かる。
結局、ミスの度合いが小さかったフェルナンデスに逆転されて2位となった。
昨日との落差が激しすぎるが、結果的には『いつもの』こと。例年通りのシーズンインとなった。

村上も中々ジャンプを決められずにSPから順位を落としてしまった。
今回は男子も女子もテクニカルが厳しめだった。
大自爆大会だったとはいえ、男子フリーでステップでレベル4をとった選手はゼロ。スピンを3つともレベル4取れたのは羽生ただ一人だった。踏切判定も厳しかった。
シーズン序盤に厳しいのは、今後のブラッシュアップの役に立つ・・・と思いたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

オータムクラシック男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → https://skatecanada.ca/results/2017-ACI/CSCAN2017_SeniorMen_SP_Scores.pdf


『この選択は間違いではなかった』
それを証明して見せた。
今季初戦で早くも羽生結弦が羽生結弦を超えた。
世界最高得点の更新。
しかも右膝に違和感があって4回転ループを回避し、本来の構成を落とした状態でなのだから恐れ入る。
SPで110点以上を出したのは羽生だだ一人。全て『点数の低い』トウループとサルコウで出したものだ。
『点数が高い』とマスコミが煽るフリップやルッツ、そしてその両方を入れても110どころか105を超えた選手はいない。
トウループもサルコウもGOEで満点を取れば、ルッツの基礎点を超える。ジャンプ単体の点数は似たようなものでも、綺麗に跳んだトウループとやっと降りたルッツの差は演技構成点に現れる。
高得点のジャンプを跳べば良いわけではない。高難度技術と高い芸術性は両立できる。羽生結弦は改めてそれを知らしめた。


羽生のインパクトでものすごく影が薄くなってしまったが、村上大介がほぼ1年ぶりに競技に復帰した。
が、こちらはちょっと残念な結果になってしまった。4回転サルコウがアンダーローテーションで転倒の始めとしてジャンプのミスが出て、70点で7位と点数も順位も振るわなかった。
靴に問題があるようだが、フリーでの挽回が出来ると良いのだが・・・。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

五輪代表選考基準 [フィギュアスケート]

スケート連盟の理事会があって、全日本選手権の会場とか羽生のオータムクラシックを始めとするグランプリシリーズ以外のエントリーとか色々と発表されたが、なんと言っても一番の注目は五輪の選考基準。

フィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準

男子シングルは3枠。
1.全日本選手権優勝者
2.全日本選手権2位、3位およびグランプリファイナル上位2名から選考
3.2.で漏れた選手、世界ランク上位3人、シーズンランク上位3人、シーズンベスト上位3人から選考

揉める率が各段に高そうな2枠しかない女子シングルは、全日本選手権優勝者と男子の2.と3.を合わせた条件の中から1人という事になっている。
男子も女子も全日本選手権の出場が必須となっているが、過去の世界選手権メダリストは不出場の理由如何で選考対象になり得る。これに該当するのは羽生、宇野、宮原の3人だが、多分適用されるのは男子だけではなかろうか。現時点でのランクポイントと全日本選手権までに獲得できるポイントの最大値(1800)を考えると羽生と宇野の世界ランク上位2人になることは確定している。つまり絶対に選考対象になる。

ちなみに世界選手権の代表も同条件だが、補欠は全日本選手権に出場しなくても選考対象になるあたりがこれまでに無かったことだ。

なんだかんだいって来週にはオリンピックシーズンが始まる訳で・・・。時が経つのは早い(^^;)

タグ:羽生結弦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

特例ではあるが [フィギュアスケート]

羽生 実績考慮し全日本のシード選手扱いに 前回はインフルで欠場

昨年の全日本選手権を欠場した羽生に対して、本来全日本選手権3位以内の選手にのみ与えられるシード権を与えることが決まった。
元々シード権がなくても、チャレンジャーシリーズを始めとするB級大会やグランプリシリーズのアサイン次第でブロック大会や地方大会が免除となって、予選なしに全日本選手権に出場することは可能だった。
仮に羽生がブロック大会から出場することになったら・・・。
・ただでさえ少ない東日本の枠を羽生が1つ使う。
・大きい会場への変更を考えなくてはいけない。
・セキュリティの強化など運営費が増える。
・日本スケ連に世界中からクレームがくる。
・下手するとJOCからもクレームがくる。
デメリットの方が多そう。
そう考えるとこの時点でサックリシードしてしまうのは、羽生よりその他の人々のためだろう。
現世界チャンピオンで、現五輪チャンピオンで、グランプリファイナル4連覇中で、世界ランク1位で、世界記録ホルダー。
文句なしの実績だ。これだけ揃っていたら競技によっては『五輪内定』が出るかも・・・。
タグ:羽生結弦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

国別対抗戦3日目 [フィギュアスケート]

ペアフリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0305.pdf
女子フリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0205.pdf


須藤・オデ組はミスもあって順位を上げられなかった。
ただ、ペアが終わって時点で僅差とはいえ日本は首位をキープ出来ていた。
そして迎えた最終グループの女の戦いは凄いものがあった。
まずはアシュリー・ワグナーが安定した演技で133点と高得点をたたき出す。
これは次の樋口のパーソナルベストより高かったが、樋口は動じなかった。今季初のノーミス。全ての要素に加点が付く会心の出来でパーソナルベストを15点以上も更新して、145点というとんでもない得点を出した。これは宮原が持っていた日本最高得点を上回っている。
デールマンは堪えたジャンプもあったがパーソナルベストを更新する142点。
三原は、四大陸、世界選手権に続いて今回もノーミス。これまで取れていなかったステップもレベル4を取って、樋口が更新したばかりの日本最高得点を上回る146点を出した。
ラジオノワは2つのジャンプがアンダーローテーション。演技自体は悪くなかった。137点という点数も十分高い。が、如何せん他の選手が良すぎた。ラジオノワが日本の2選手の下の順位になった時点で日本の優勝が確定。銅メダルが取れればラッキーと思っていたのだが、良い方に裏切られた。
そして、最終滑走のメドベデワ。リンクに入る時からものすごい気迫が伝わってきた。そしていつも通りのノーミスの演技。ではなく、完璧な演技。TESカウンターが何度もGOEの満点を表示していく。そして最終的に表示された点数は女子史上初の160点。元々点数の出やすい大会で、最後の種目と言うことで気前が良くなっていた面はある。が、これほどの点数が出たのは驚きだ。トリプルアクセルや4回転を入れたところでこの点数を更新することは容易ではない。メドベデワ自身でも構成を上げない限り更新できなさそうだ。確かにそれにふさわしい演技ではあった。大会の最後の最後に凄いものを見た。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

国別対抗戦2日目 [フィギュアスケート]

ペアSPプロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0303.pdf
アイスダンスフリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0405.pdf
男子フリープロトコル → http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/data0105.pdf


ペアの須藤・オデ組は転倒もあって最下位。これは想定内。
アイスダンスの村元・リード組はパーソナルベストを更新するも、最下位。これは仕方ないし想定内。
カップル競技が終了した時点で3位となるも、男子で1、2フィニッシュしたことで再び首位に返り咲きして2日目を終えた。
男子の皆さんはさすがにお疲れモードだった。転けるより抜けるパターンが多く、プチ自爆祭り。
そんなフリーの戦いを制したのは羽生。第1グループ最終滑走から最後まで漬けきった。
そんな羽生も2つのジャンプがシングルに抜けた。
鬼門になっていたコンビネーションジャンプではなく、単独のサルコウが抜けた時は驚いたけど、鬼門はきっちりクリアした。その後にハーフループの3連コンボをトリプルアクセルからでは無く4回転トウループから跳ぶという世界初の技を披露した。さらに後半4回転3本構成も世界初。四大陸選手権を上回る鬼リカバリだと思ったら、SPの悔しさを晴らすために最初から4回転5本にするつもりだったとか。相変わらず斜め上のことをやってくれる。
ただ最後に回した鉄板の筈のトリプルアクセルが抜けたことで、本調子ではなかったことがうかがえる。ビールマンをしなかったし・・・。
しかしジャンプ2つがシングルになっても、技術点106点でトータル200点超えは凄い。
宇野は2つ目の4回転フリップがダウングレードでの転倒になってしまった事で大きく基礎点を失った。コンビネーションジャンプも1つ足りなくなってしまったし。
さらにここの所アテンションレベルで収まっていたルッツのエッジがエラー判定。これもお疲れモードの所為だったかも。


タグ:羽生結弦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | 次の10件 フィギュアスケート ブログトップ