So-net無料ブログ作成
検索選択

リオ五輪競泳 メダルコンプリート [競泳]

荻野が200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した。
藤森と共に最後の自由形での追い上げは凄かった。荻野は2位になり、藤森は最後の最後、まさにタッチの差でメダルを逃して4位。自己ベストは更新したが、あまり慰めにならないかも。
これで、荻野は400メートル個人メドレーの金と800メートルリレーの銅を合わせて、3種のメダルをそろえたことになる。
ソチの後の何かの報告会か祝賀会で、ジャンプの葛西が羽生から金メダルを借りて、3つのメダルをかけた写真を撮っていたが、荻野は自前でこれが出来ることになる(^^;)
大会で3種のメダルをそろえた人は他にいるのだろうか。3種目以上に出場する必要があるから、夏季競技だと競泳、体操、陸上の選手ぐらいしかそもそもの可能性がないわけだが・・・。
それにしても、フェルプスは強かった。


タグ:萩野公介
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リオ五輪競泳 60年ぶり快挙 [競泳]

日本初金メダルは、男子400メートル個人メドレーの萩野公介選手。
最後の自由形で追い上げを食らったが、本当に良く逃げ切った。
そして、瀬戸大也選手が銅メダルを獲得した。
目指していた1、2フィニッシュは叶わなかったが、初の五輪でメダル獲得は凄いことだと思う。
もちろん、金を期待されてその通りに金を取った萩野も凄い。
競泳で表彰台に日本選手が複数乗るのは60年ぶりだとか。個人メドレーでは初の快挙。
同学年の2人が新しい歴史を作った。
そして、萩野は夏季競技では初の平成生まれの金メダリストらしい。
『体操の内村は?』と思ったのだが、彼は何とたった1週間しかなかった昭和64年生まれ(^^;)
ちなみに冬季競技での初にして唯一の平成生まれの金メダリストは羽生結弦。荻野、瀬戸と同学年というのも面白い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

一時代の終わり [競泳]

北島康介が引退を発表した。
大会連続の五輪出場を目指していたが、100メートルでは2位になったが派遣標準記録をクリア出来なかった。
そして今日200メートルでは5位に破れた。
着順の関係でメドレーリレーのメンバーにもなれない。
五輪代表を逃したことで現役を退くことを決めた。
最後の目標を達成することは出来なかったが、33歳という年齢を考えたら、最後の最後まで代表争いをしたことはすごいことだと思う。
そして、この偉大な選手を押しのける若い力が台頭したことは、競技の未来にとって喜ばしいことだとも思う。

100メートルの準決勝で派遣標準記録を破っているから代表に、という声も上がっているようだが、最初から『決勝で派遣標準記録を上回ること』が条件として明記されている以上、どれほど偉大であっても1選手の動向で大会期間中に条件を変更することがあってはならない。もちろん、1人にだけ特例適用するなど言語道断だ。
タグ:北島康介
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ