So-net無料ブログ作成

全日本選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → https://www.jsfresults.com/National/2018-2019/fs_j/nationalsenior/data0205.pdf

女の戦いは今年も壮絶だった。代表争いはマモノも裸足で逃げ出すレベルの戦いになるとは思っていたが、220点出しても表彰台に届かないというのはさすがに想定外だった。
その流れの元になったのは、国際大会に出たことのない細田だったように思う。細田は今日もトリプルアクセルを決めた。それも2本。他のジャンプも決めて124点という高得点をたたき出した。世界的には全く無名の選手がトリプルアクセルを決める。中々にとんでもないことだ。
最終グループ2番滑走の紀平もトリプルアクセルを2本決めた。それ以外のジャンプも次々と成功させ、スピン、ステップのレベルを揃えた。ただ1つ、フリップでステップアウトしたのをオイラーの3連コンボにリカバリー、というかごまかした(^^;) それでも155点というとんでもない数字を出してトップに立った。
これで後続の選手たちは、大きなミスは許されないどころか『パーソナルベスト超え』が必要な状況に追い込まれた。
紀平の直後の樋口は、転倒をしてしまったことで残念ながら脱落。ただ、怪我があって十分な練習も出来ていない中でよくここまで戻してきたと思う。
三原は最初から最後まで力みのない自然な演技だった。会場中を柔らかな包み込む『天使の舞』だった。神演技大会ではあったが、本当にパーフェクトだったのは三原だけ。
宮原はミス・パーフェクトの異名通りの演技・・・と思ったら、終盤のフリップがダブルに抜けてしまった。更に3連コンボのダブルループでアンダーローテーション。アンダーローテーションを取られたのがこれ1つだったのはラッキーだったと思う。が、抜けてはいけない。それでSPのリードを吐き出してしまった。わずか0.42紀平に届かず連覇が途絶えた。
この僅差決着にざわつく中、最終滑走の坂本の演技がスタート。この出来如何で全ての順位が確定するとあってものすごく緊迫した空気になっていたが、ジャンプがひとつ決まる度に空気が変わっていった。そして最後には大爆発。本当に凄い演技だった。
SPの結果を受けて、世間というかマスコミが『宮原の5連覇か紀平の大逆転か』の2択でずっと煽っていたが、最後の最後で坂本が女王の座をかっさらっていった。
SPは2位、フリーも2位。フリーの技術点は紀平に及ばず、演技構成点は宮原の方が上だった。それでも優勝した。
フィギュアスケートはSPとフリーで競う総合力が問われるスポーツであることを改めて知らしめた。

優勝坂本、2位紀平、3位宮原とファイナル進出組が表彰台を占めたことで、世界選手権の代表はこの3人で決まりだと思う。
が4位の三原や5位の樋口は四大陸への派遣をして欲しいと思う。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。