So-net無料ブログ作成

世界選手権 女子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0203.pdf


若干甘めで気前の良い審判団に良演技が重なって、パーソナルベスト更新者が続出した。
特に最後の2グループは熾烈な戦いになった。
ちょっとのミスが命取りとなり、フリーの最終グループ入りとなるトップ6は意外な面子になった。
トップに立ったのはザギトワ。最終滑走ですごい演技をみせた。
レビューのかかったコンビネーションが認められたら世界最高得点更新する、と思ったのだが・・・(^^;) そこにはちょっと届かなかった。が、82点をたたき出したのはお見事だった。
2位には坂本花織。ジャンプの大きさと流れのスムーズさはザギトワを凌駕していたと思う。全選手中一番だった。演技構成点が35点近く出て、76.86というビッグスコアをマークした。この点数はパーソナルベストとしては紀平、ザギトワに次ぐ3位のスコアになる。本当に素晴らしい演技だった。
3位にトゥルシンバエワ。全ての要素を加点付きで決めて75点超えを果たした。
4位メドベデワ。コンビネーションでアンダーローテーションを取られたが、それでもこの位置。演技構成点はザギトワに次ぐ高さだった。シーズン前半の不振からよくここまで持ってきたと思う。
5位イム・ウンス、6位マライア・ベルと下馬評にはあまり挙がっていなかった選手たちがパーソナルベストを出してこの位置に付けてきた。
日本勢はSPの最終グループには3人揃っていたのに、フリーでは坂本だけになってしまった。さすがにこの事態は予想外(^^;)
紀平はトリプルアクセルがシングルになってしまうという痛恨のミス。無効要素で0点は本当に痛い。その後を立て直して70点を出せるのは素晴らしい事だが、今日の試合の流れの中では厳しい結果になってしまった。7位。
宮原はコンビネーションがアンダーローテーションの判定だった。ファーストのルッツも危ない感じがしたがこちらはセーフ。ただ全体的にいつもより演技が小さかったように思う。その所為もあってか今ひとつ点数が伸びなかった。8位。

四大陸選手権の時もそうだったようにフリーが終わった時の順位は大きく変わると思う。
特にまた紀平が追い上げてくるだろう。ただザギトワとは11点強の差がある。さすがにこれをかわすのは自力では厳しすぎるが表彰台は十分狙える。
坂本は四大陸選手権の時のことを反面教師にしてこの順位をキープして欲しい。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。