So-net無料ブログ作成

世界選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

げに凄まじきは女の戦いなり。
甘めだった判定がさらに糖度を増したが、結果としてSP以上の死闘が繰り広げられた。
その口火を切ったのは第3グループ2番滑走のテネル。
強い意志を持ったジュリエットが気迫のこもったノーミスの演技をみせるとそこからパーソナルベストのオンパレードになった。
死闘を制したのはザギトワ。SPに次いでフリーでも1位となる完全優勝を果たした。
2位にトゥルシンバエワ。シニア女子として史上初の4回転サルコウを成功されてカザフスタン女子して初めて世界選手権の表彰台を掴んだ。
3位にメドベデワ。シーズン序盤の不調からよくぞここまで戻したと思う。
4位に紀平。得意のフリーで2位の点数を出したが、単独のトリプルアクセルで転倒したのが痛かった。
5位に坂本。間違いなく今シーズン一番の演技をした。上位陣の中で一番シームレスな演技だった。それだけに終盤のフリップがシングルに抜けたことが悔やまれる。
6位宮原。3連コンボの着氷が乱れた以外は完璧だった。

トゥルシンバエワと坂本の点差が2点弱。そして4人は全員何らかのミスをしている。
メドベデワのダブルアクセルのアンダーローテーション。紀平の転倒。坂本の抜け。これがメダルの色を変えるどころか、メダルを逃す結果になった。メドベデワ以下をわずかにかわしたトゥルシンバエワはコンボのトリプルトウループを跳び損ねている。
220点を超えて表彰台に乗れないというとんでもない戦いだった。
日本勢が表彰台にいないということは残念だが、来年の3枠は確保した。

SPではメドベデワに演技構成点で2点の差をつけられた坂本がフリーではメドベデワより高い演技構成点を獲得している。ザギトワに次ぐ2番目で丁度1点差。何気にすごいことだと思う。

明日の男子もこの様な神演技大会となって欲しいが果たして・・・(^^;)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。