So-net無料ブログ作成

国別対抗戦3日目 [フィギュアスケート]

エリザベータ・トゥクタミシェワが本当に素晴らしい演技をした。
トリプルアクセルを含む全てのジャンプを成功。のりにのって観客を煽りまくりで会場を一体にした。
世界選手権に出られなかった失意は相当なものだっただろうに、よく最高の状態をこの大会に合わせて来た。
当然のようにパーソナルベストを更新。それも150点超えを果たした。世界選手権でも銀メダル取れていた点数。本当に凄い。
そしてもう一人。ブレイディ・テネルも150点に乗せた。こちらも気合いの入った良い演技だった。
対する日本勢。
坂本は最初のジャンプがコンビネーションに出来なかった。が、次のジャンプでリカバリーした。結果的に予定と同じ基礎点のジャンプを跳んだ。
転倒などはなかったが、いつもよりGOEが稼げなかったり、ステップがレベル3だったりと小さい取りこぼしがあった。それでもわずかとはいえパーソナルベストを更新した。しかもSPに続いて演技構成点は全選手中トップだった。予定通りのノーミス演技が出来れば150点超えもあったと思う。
紀平は最初のトリプルアクセルで転倒。しかもアンダーローテーションを取られた。さらにルッツコンボでも転倒した。こちらもアンダーローテーション。今大会の感じからして取られないと思ったのに(^^;)
2度も転倒してしまうとさすがに点数は出ない。とはいっても138点出るのだからすごい。
2人とも昨日出した『あとは任せろ』が逆にプレッシャーになったのかも(^^;)

ペアの三浦・市橋組は6位。パーソナルベストは出したものの他の5ヶ国との差は歴然だった。

テネルの点数が出た時点、つまり日本勢が滑る前にアメリカの優勝が確定した。
その後にSP上位3人が滑った。トゥクタミシェワ1位、坂本3位、紀平5位という結果で、何とか日本は銀メダルを獲得した。
ロシアとの差は2ポイント。本当に『辛うじて』の2位をキープしたわけだ。
ちなみに各カテゴリー1組の五輪仕様で計算すると4位らしい(^^;)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。