So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世界選手権 女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/wc2018/wc2018_Ladies_FS_Scores.pdf


波乱も波乱。こんな大波乱な展開になるとは思ってもいなかった。台乗り3連単を的中させた人はいるだろうか。

このあまりにも衝撃的な結末のきっかけを作ったのは、第3グループ最終滑走の樋口だった。
スタート前はやや緊張した表情だったが、音楽がなると同時に入り込んだ。全てのジャンプを回転不足なし、エッジエラーなしの加点付きで成功させた。圧巻なんてモノじゃない、まさに『神演技』をやってのけた。
パーソナルベストに近い点数をたたき出して、トップに立つ。これで7位以上が確定。宮原が大崩れすることは考えられないので、来年の出場枠3を確保することは間違いないと思って、ここで一安心した(^^;)
そして最終グループ。
1番滑走のオズモンドは着氷が乱れたジャンプが1つあったが、それ以外をきちんとまとめてアッサリと樋口の上に出る。SPの点差やパーソナルベストから考えても予想の範囲内だった。
次に続いたソツコワはアンダーローテーション4つ、うち1つは転倒、デールマンもアンダーローテーション2つ、アテンション2つ、抜け1つと点数が伸びてこない。
オズモンド1位、樋口2位の状態のまま、SPトップ3を迎えた。
まず宮原。アンダーローテーションが2つ取られた。それ以上に痛かったのはサルコウが2回転になった上に転倒してしまったことだ。わずか0.82の差で樋口の下になった。これで日本勢のメダルはなくなった・・・と思った。

今季フリーで圧倒的な強さを見せてきたザギトワ。
前半はほぼ満点の加点を積み上げていたが、最初のルッツでまさかの転倒。次のジャンプも転倒。
あり得ないモノを見たようで会場の雰囲気が変わった。さらに2度目のルッツをリカバリーでコンビネーションにしたが、これも転倒。
全てのジャンプを後半に跳ぶことは高得点を見込める反面、1度リズムを失ってしまうと立て直すことが難しい諸刃の剣の戦術であることをまざまざと見せつけられた。
しかし、優勝のみならず表彰台をも逃すことになるとは思わなかった。

最終滑走のコストナー。
地元での優勝の流れが来ていると思ったのだが、こちらもマモノに捕まってしまった。
抜けが2つに転倒1回。コンビネーションも1つだけと如何に高い演技構成点でもカバーしきれない低い技術点でこちらも表彰台を逃す結果に・・・。

結果オズモンドが最終グループを漬け込む形になり初優勝。樋口が2位、宮原3位と日本勢がダブル表彰台となった。
来年の出場枠3を獲得したのは、日本、カナダ、ロシアの3ヶ国。一番楽勝と思われていたロシアが5位(ザギトワ)、8位(ソツコワ)の13でギリギリでの3枠になったことにも驚きだ。
試合はやってみないと分からないとはいえ、ここまで荒れるとは本当に想定外だった。


nice!(1)  コメント(0) 

世界選手権 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/wc2018/wc2018_Men_SP_Scores.pdf


全体的に回転不足判定、GOE、演技構成点全てで甘めだった。ただ、全員を同じ基準で判定しているようには見えなかった。特に最終グループは酷かった。
ボーヤンの4回転トウループをアンダーローテーションと取るなら、他にも取って然るべきジャンプがあった。
通常速度でも氷が舞っているのが分かるほどフリーレッグがかすっているトリプルアクセルに2点以上の加点が付いた。
オーバーターンが入って何とかコンビネーションジャンプにしたり、何でも無いところで大きく躓いたのに、誰よりも高い演技構成点が付いた。
何か一人だけ別のルールが適用されているようにも感じられる程の激甘採点が、よりによって日本人選手にされているということが本当にモヤモヤする。
しかも選手本人がその点数を当然のように受け止めているのだから救いがない。
逆に激辛だったのがボーヤン・ジン。確かに壁に近づきすぎてフリーレッグを避けてはいたが、回転には影響なかったように見えるし、アンダーローテーションにも見えなかった。が、アンダーローテーションの判定を受けて点数が伸びなかった。
コリヤダは冒頭を4回転ルッツから4回転トウループに代えたことが功を奏して、ノーミスの演技をした。羽生、パトリック・チャンに続いて3人目の4回転1本構成での100点超えを果たした。
ネイサン・チェンは4回転ルッツとフリップを成功させたものの、いずれも詰まった着氷でGOEを稼げなかった。それでも少しとはいえコリヤダを上回って首位発進。
3位はやはりルッツとフリップを成功させたヴィンセント・ジョウ。
これにボーヤン・ジンが続いた。
素人目線と言ってしまえばそれまでだが、細かな点数はどうあれコリヤダ、ボーヤン、ネイサン、ヴィンス、そしてキーガン・メッシングの順になっていればまだ納得出来たのに・・・。

最後の最後にモヤモヤして終わってしまったが、一番良かったと思ったのが、友野一希。
羽生の欠場で巡ってきたチャンスをしっかりとモノにした。
自分の立ち位置と実力を把握していて『ひとつのミスも許されない』中、ノーミスの演技をしてパーソナルベストを更新した。
終わった安堵で泣き出すほど緊張していたのに、演技中はそれを微塵も感じさせなかった。素晴らしい。
田中刑事も演技としては良かった。が、アクセルがダブルになってしまったのは痛すぎた。友野より下の順位になってしまったのはともかく、フリーが前半グループになってしまったのはつらい(おそらく地上波の生中継には入らない)

nice!(0)  コメント(0) 

世界選手権 女子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/wc2018/wc2018_Ladies_SP_Scores.pdf


とにかくコストナーが凄かった。ジャンプの難度は確かに他のトップ選手より低い。が、流れが全く止まらないスケーティング・スキルがそれを補って、素晴らしい芸術作品となっていた。30歳を過ぎてパーソナルベストを更新すること自体凄いが、それが歴代3位で史上3人目の80点超えなのだから恐れ入る。
圧倒的優勝候補だったザギトワは、大きなミスこそ無かったが、どことなく余裕のない演技だった。コストナーの直後だったこともあって、せわしなさを感じた。技術点は上回ったが、演技構成点で及ばず僅差の2位となった。3位に宮原。アンダーローテーションをひとつ取られた状態で74点は素晴らしい。演技構成点も全項目で初めて9点台に乗せた。
樋口はコンビネーションジャンプで転倒してしまい点を伸ばすことは出来なかった。ただ、それほど悪い点数でもなく、8位と入賞圏内でのスタートになった。
他にはソツコワ、デールマン、テネルといった、オリンピックで不本意な成績となった選手たちが上位につけた。出場できなかった樋口も含めて期するものがあると思う。オリンピックと違って逆転の多い世界選手権、表彰台に誰が乗ることになるのかすごく楽しみだ。

nice!(1)  コメント(0) 

二刀流 [冬季五輪]

二刀流レデツカ2冠 史上初アルペンとW金メダル

アルペンとスノーボードの2種目で出場するのも史上初なのに、両方で金メダルを取ってしまうとはビックリ。
本命視されていたのはスノーボードの方で、アルペンは誰もが予想していなくてサプライズも良いところ。
何せ本人がメダルを取ってプレスカンファレンスに出ることを想定しておらず、ノーメイクだったらしい(^^;)
こういうマンガの様な展開が起こるとは面白い。
因みにアルペンで取った金メダルは冬季五輪通算999個目。1000個目は羽生で時間差は20分ほどだったらしい。こういう巡り合わせもまた面白い。
まさに『事実は小説よりも奇なり』

nice!(0)  コメント(0) 

五輪女子フリー [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/owg2018/OWG2018_LadiesSingleSkating_FS_Scores.pdf


凄かった。本当にただ凄かった。
第1グループから良い演技が多かった。が、最終グループは次元が違った。
メドベデワとザギトワの金メダル争いは、特に凄かった。
先に滑ったザギトワは、珍しく最初のジャンプをコンビネーションに出来なかった。が、2度目のルッツにループをつけてきっちりリカバリーして、帳尻を合わせた。
メドベデワは後半に固めていたコンビネーションジャンプを1つ前半に変更して、確実に点を取ってきた。
結果、フリーの点数は同点。SPの点差でザギトワが金メダルに輝いた。
オズモンドは中盤のルッツがステップアウト。1つミスすると連鎖的に崩れることが多かったが、今日は違った。ミスは1つだけで後は完璧だった。パーソナルベストを更新して、SPの順位を守った。
表彰台が全員230点オーバーというハイレベルな戦いだった。
最終グループの1番滑走だった宮原もミスのない完璧な演技をした。懸念された回転不足もひとつなし。圧巻の演技でパーソナルベストを更新したが、後半の3人が強すぎた。
坂本はループがステップアウトとルッツのロングエッジがあったが、良い演技だった。ただ、ノーミスでなかった分点数が伸びなかった。
最終結果は宮原4位、坂本6位。
メダルには届かなかったが、この成績は立派だと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

五輪女子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/owg2018/OWG2018_LadiesSingleSkating_SP_Scores.pdf


フリーの最終グループ入りに必要な点数が73点オーバー。実に熾烈な争いだった。しかも上位5人がパーソナルベストを出すという異次元の戦いでもあった。
ここに宮原、坂本の日本勢2人がきっちり加わったことは素晴らしい。パーソナルベストを更新して、宮原4位、坂本5位というスタートになった。
トップ争いは予想通りOARのメドベデワとザギトワの2人だった。先に滑ったメドベデワが世界最高得点を更新して、さすがの貫禄を見せた。と思ったら、ザギトワがメドベデワの得点を1.4点も上回るとんでもない点数を出した。ザギトワが出した技術点は45.30。これを上回る技術点を出した男子は8人だけ(^^;) 本当にとんでもない。
3位にオズモンド、6位にコストナーと中々の面子が最終グループ入りをした。
7位のデールマンは68点台なので、メダル争いは最終グループの6人に絞られた。正確にはメドベデワとザギトワが金銀争いで、残り4人で銅を争うことになる。
nice!(0)  コメント(0) 

五輪アイスダンスFD [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/owg2018/OWG2018_IceDance_FD_Scores.pdf


ヴァーテュー・モイア組とパパダキス・シゼロン組の頂上決戦は本当に熾烈だった。史上最高の戦いだったといっても良い。
先に滑ったのはパパダキス・シゼロン組。幻想的な美しい演技で世界最高得点をたたき出した。
そして最終滑走でヴァーテュー・モイア組。存在感たっぷりのドラマティックな演技だった。
どちらも自らの強みと良さを存分に見せつけた。
FDの点数としてはパパダキス・シゼロン組が上回ったが、合計はヴァーテュー・モイア組が上。合計の世界最高得点を更新して、金メダルに輝いた。
プロトコルを見ると2組とも出来栄えは3、演技構成点は10.0が並ぶすごいスコアだった。
混戦状態だった銅メダル争いは、SD4位だったシブタニ兄妹が制した。アジア系の選手がアイスダンスのメダルを獲得するのは史上初。
村元・リード組も良い演技をした。順位はSDのままで15位だったが、日本勢としては最高タイ。健闘したと思う。

nice!(1)  コメント(0) 

五輪アイスダンスSD [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/owg2018/OWG2018_IceDance_SD_Scores.pdf

村元・リード組は若干のミスはあったものの、60点を超える点数を出して15位。フリーに進むことが出来た。順位を1つでも上げることが出来れば良いが、どうだろう。
そして何といってもヴァーテュー・モイア組とパパダキス・シゼロン組の頂上決戦。
先に滑ったヴァーテュー・モイア組が世界最高得点をたたき出した。
そしてパパダキス・シゼロン組は開始直後に衣装のホックが外れるトラブルが発生してしまった。それが影響してしまったのか、ヴァーテュー・モイア組に1点以上差をつけられてしまった。ただ、演技構成点はほんのわずかだがパパダキス・シゼロン組の方が上だった。
どちらが金メダルになるのか全く分からない。
そして銅メダル争いは、3点差ぐらいの所に6組もいる。かなり熾烈な争いになると思う。
タグ:平昌五輪
nice!(1)  コメント(0) 

五輪 男子フリー [フィギュアスケート]

羽生結弦が金メダル。66年ぶりの連覇の偉業を達成した。
後半のジャンプにミスが出た。が、意地でも転ばないぞという気迫で踏みとどまった。それが快挙をたぐり寄せた。
4回転はトウループとサルコウの2種類で4本。基礎点ではなく出来栄えで勝負した。そうせざるを得ない状況ではあったが、これが出来るのが羽生の強みだ。
そしてつくづくバラ1とSEIMEIを再演することにして良かったと思う。
そしてSPで17位と沈んだネイサン・チェンが6度の4回転を組み込み、5度成功させた。215点という高得点をたたき出してフリーは1位となり5位まで順位を上げた。メダルのプレッシャーから解放された故の好演技だった。ただ、この点数は羽生が4回転3本で初めて200点超えを果たした15年のNHK杯の点数に及ばない。4回転を数多く跳べば良いというものでは無い。が、羽生に勝つためには数多く跳ぶ必要があるということが改めて知らしめた様な気がする。

本当に本当に金メダルおめでとう。
とても素晴らしい演技だった。

タグ:羽生結弦
nice!(0)  コメント(0) 

五輪 男子SP [フィギュアスケート]

プロトコル → http://www.isuresults.com/results/season1718/owg2018/OWG2018_MenSingleSkating_SP_Scores.pdf


あまりにも鮮やかな『王の帰還』だった。
羽生は4ヶ月ぶりの試合とは思えない圧巻の演技。最後のスピンがレベル3になってしまったが、それとても出来栄えは大きく加点されていた。トリプルアクセルとステップは満点。素晴らしい以外の言葉は出ない。
世界最高得点とはいかなかったが、歴代2位の高得点だった。
111.68という点数が表示された時点で、SPをトップで折り返すことが分かった。
これまでの試合傾向から言ってフェルナンデスは110点に近い点数を出せるが超えることは無い。それ以外の選手は105点を超えない。実際羽生の他に3人が100点超えを果たしたが、この通りになった。
ただ、マモノはしっかりと潜んでいたようだ。
パトリック・チャンがトリプルアクセルでミスするのは想定内ではあったが、ネイサン・チェンが全てのジャンプを失敗して17位に沈むとは思いもよらなかった。
逆にアリエフが4回転ルッツとトウループを決めてパーソナルベストを大きく更新し、100点倶楽部のメンバー入り目前まできた。
採点傾向は一部例外もあるが、回転不足に甘めで出来栄えと演技構成点が若干渋めといった感じ。この『一部例外』がないようにしてもらいのだが・・・。
全体的にレベルが高かった。フリー進出ラインが74.73点。80点取っても第1グループという過酷さだ。ただ90点オーバーは最終グループの6人だけ。80点台がぞろぞろいる。この辺りの順位変動は大きそうだ。
タグ:羽生結弦
nice!(0)  コメント(0)